当サイト、法人コスト削減ラボを訪問くださりありがとうございます。株式会社ファレッジグローバルの代表、深井良祐といいます。

このサイトでは、個人事業主や法人経営者を対象に「どのようにすればコスト削減が可能なのか」について解説しており、実際に大幅な経費削減が可能になる専門の優良業者を紹介しています。

利益を増やすとき、多くの経営者は売上を増やすことを考えがちです。ただ利益を増やすのであれば、誰でもいますぐ行える簡単な方法があります。それがコスト削減です。

実際のところ、ビジネスをしていると非常に経費額が高額になりやすいです。そこで経営での無駄を省くことによって、すぐに利益体質になり、手元に現金が残ることで資金繰りが改善されるようになります。

まったくお金が残らなかった経営での体験

個人事業主や法人を含め、ビジネスをしている人なら全員が経験していると思いますが、手元にお金がほとんど残りません。売上はあるはずなのに、手元に現金がないので会社経営が苦しいのです。しかも、売上規模が大きくなるほどキャッシュが減っていくという謎の現象が頻繁に発生します。

過去の私もそうであり、売上はそれなりにありますし、利益も残っているはずなのに、法人口座の預金残高は少なかったです。

この状態を改善するためいろんな方法を考えましたが、前述の通り売上を増やすほど手元のキャッシュが少なくなります。また相手企業への支払いや社員の給料は先出しにも関わらず、売掛金は後で入ってきます。さらに利益の繰り延べによる節税を行うと、やはり資金繰りが悪くなります。

そうしたとき、単純に「コスト削減することによって無駄な支出を減らせば、支払いが少なくなるので手元にお金が残りやすくなり、キャッシュフローが良くなるのでは」と考えたわけです。

特に努力なく経費削減できることを知る

ただ、人件費を削減するわけにはいきませんし、広告費を削るのも無理です。例えば人件費に手をつけると会社全体の士気が低下しますし、一時的にキャッシュが増えたとしてもその後の売上・利益が激減するようになります。

そこで、私がいつも節税でお世話になっている会社に相談してみることにしました。その会社は節税だけでなく、コスト削減についても広く手掛けていることを知っていたからです。

そこで話を聞いてみると、「社員一人ずつの社会保険料の削減」「固定資産税の削減」などキャッシュが増える節税対策だけでなく、電気代削減や損害保険削減、賃料削減など、誰でも可能な多くの経費削減法を利用できると教えてくれました。

しかも、こうした方法は特にいまのビジネスに影響することなく、純粋に支出のみ減らすことができます。つまり、デメリットが一つもなかったのです。しかも成果報酬なので、削減できなければお金の支払いは特に必要ありません。

私の会社の場合、不動産を持っていませんし、社員数はそこまで多くありません。そこで、電気代削減や賃料削減などその他の項目についてコスト削減を依頼することにしました。その会社へ正式に依頼し、作業を丸投げしたのです。そうすると、すべて合計して年間で128万円の経費削減ができました。

周囲の経営者で無駄な経費が多いことを知る

私の会社は売上が1億円未満であり、社員が何十人もいるわけではなく、会社の規模は非常に小さいです。それにも関わらず、特に労力なく専門会社に依頼するだけで3~4ヶ月後には高額な経費削減が可能になりました。

そこで飲みの席で他の経営者に「簡単に経費削減できた」ことを話すと、ほとんどの経営者で「どういう方法なの?」と興味をもってくれました。また彼らには無料にて、私がお世話になった専門会社を紹介したところ、非常に喜ばれたというわけです。

そのため私は個人事業主や法人を含め、「高額な経費で悩んでいるものの、具体的なコスト削減の方法を知らずにいる人が多い」ことを知りました。また彼らの多くは、人件費や事務用品代の削減など、経営努力が必要なことばかりチャレンジしていました。

ただここまで説明した通り、特に努力なしに高額な固定費を削減できる方法が存在します。これらを行えば、特に努力なく簡単にコスト削減が可能です。

また正しいやり方を知らないため、世の中には同じように無駄なコストを支払い続けている経営者がたくさんいるのではと考えました。そこで当サイトを通じて、「どのように経費削減すれば、努力なく利益を上昇させ、資金繰りを改善できるのか」を含めて解説するようにしました。

また同時に、コスト削減に特化している専門業者も紹介しています。これまでの実績が多いコスト削減のコンサルタント会社であり、依頼するだけで簡単に固定費削減が可能なので、努力なしに年間100万円以上のコスト削減を実現したい経営者はいますぐ問い合わせください。

個人事業主や法人はどうしても経費額が高額になってしまいます。そこで経費削減すれば、無駄な支出が減るのでその分だけ利益が出て、キャッシュが手元に残るようになります。

このとき、経営努力が必要になる固定費削減があれば、特に努力なくすぐに大きな成果を出せるコスト削減法も存在します。多くの人は「人員削減や事務用品の削減」など難しいことに挑戦しがちです。ただ、最初は「簡単な方法だが効果の大きいコスト削減」を試さなければいけません。

これにはさまざまな方法があり、電気代削減や損害保険料削減、賃料の下落、社員一人あたりの社会保険料削減、固定資産税の削減&還付など、多くの方法によって特に労力なしにいますぐ固定費削減が可能です。数ヶ月以内に年100万円以上のコスト削減は誰でもできます。

ただ、これにはコスト削減に特化している専門会社を利用しなければ実現は不可能です。そこで、経費削減コンサルの優良業者を紹介します。専門会社に依頼した後、待っているだけで高額なコスト削減が可能であり、大幅に資金繰りが改善されます。