コスト削減できなかった場合はどうなるのか

面談料のみであり、その他の費用の支払いはありません。ただ、すべての個人事業主や法人でコスト削減が可能であり、よほど特殊な理由がない限り経費削減できます。事実、あらゆる会社で電気代を支払っているはずなので、この削減をするだけでも大幅な経費削減になります。

中には、「狭いマンションの一室で作業しており、そもそも経費がほぼない一人社長」などのケースがあるかもしれません。その場合であっても、成果報酬なので最初に高額な支払いが発生することはありません。そのため、リスクなしにコスト削減の依頼をすることができます。

期間はどれくらいなのか

コスト削減の項目によって異なります。例えば電気代削減や損害保険料の削減であれば、1~2ヵ月ほどです。

一方で社会保険料や賃料削減では3~6ヵ月ほどの時間がかかります。場合によっては、もっと時間が必要になることもあります。いずれにしても、このように削減項目によって必要な期間は変わります。

商品・サービスの低下にはつながらないのか

あなたのビジネスの商品・サービスの低下につながることはありません。売上とはまったく関係ない項目にのみ、コスト削減を実施するからです。

例えば社会保険料や家賃の支払いが安くなったとしても、売上にはまったく関係ありません。むしろ支出だけが少なくなるため、その分だけ手元に残るキャッシュが増えて資金繰りが改善されます。

また他には損害保険料を減らすにしても、まったく補償内容は同じであるものの、支払金額を20~50%以上も減らすことが可能です。あなたの経営内容に関係ない項目の経費削減をするため、単純に支払金額のみ少なくなり、キャッシュフローが大幅に改善されるようになります。

全国対応なのか

はい、全国対応です。東京に事務所をもつ会社ですが、遠方に住んでいる人はZOOM(テレビ会議システム)によって面談することが可能です。

またコスト削減は全国どこに住んでいたとしても行うことは変わらないので、あなたが提供する商品やサービスの質を落とすことなく経費削減できます。

相談料が無料でないのはなぜですか

格安ではありますが、最初の相談料として5,000円(税込)を徴収しています。理由としては、紹介する優良業者は既に多くの顧客を抱えているため、無料で情報だけを知りたいダメな人を相手にしていると、既存顧客へのサービスの質が落ちてしまうからです。

ただ、依頼して結果を待つだけで年間100万円以上のコスト削減は簡単に実現できます。そのため、面談料の元は一瞬にして回収することができます。

個人事業主だが、サービスを利用可能か

法人に限らず、個人事業主についても利用可能です。

ただビジネスの規模が大きくない場合だと、コスト削減できる金額は少なくなります。特に「オフィスや店舗がなく、マンションの一室にて一人だけでビジネスをしている」などのケースだと、コスト削減できる項目がほぼないので高額な経費削減はできません。

個人事業主や法人はどうしても経費額が高額になってしまいます。そこで経費削減すれば、無駄な支出が減るのでその分だけ利益が出て、キャッシュが手元に残るようになります。

このとき、経営努力が必要になる固定費削減があれば、特に努力なくすぐに大きな成果を出せるコスト削減法も存在します。多くの人は「人員削減や事務用品の削減」など難しいことに挑戦しがちです。ただ、最初は「簡単な方法だが効果の大きいコスト削減」を試さなければいけません。

これにはさまざまな方法があり、電気代削減や損害保険料削減、賃料の下落、社員一人あたりの社会保険料削減、固定資産税の削減&還付など、多くの方法によって特に労力なしにいますぐ固定費削減が可能です。数ヶ月以内に年100万円以上のコスト削減は誰でもできます。

ただ、これにはコスト削減に特化している専門会社を利用しなければ実現は不可能です。そこで、経費削減コンサルの優良業者を紹介します。専門会社に依頼した後、待っているだけで高額なコスト削減が可能であり、大幅に資金繰りが改善されます。