当サイトを利用する流れは簡単です。以下のステップになっています。

  1. 申し込みを行う
  2. 面談の実施&現地調査の日程調整
  3. 現地調査が行われ、保険金請求に必要な書類が完成

これを実施するだけで、100~200万円ほどの火災保険金が下りるようになります。

・対応エリア

ただ注意点として、当サイトは全国対応ではありません。本当の意味で優れた業者のみ厳選しているため、全国対応にすると質を落としてしまう可能性が高くなるからです。現在の対応エリアは以下になります。

  • 首都圏:東京、神奈川、埼玉、千葉
  • 福岡
  • 沖縄

こうしたエリアに住んでいる、または事業をしている場合、当サイトを利用することで高額な火災保険金の請求が可能です。

火災保険請求での事前面談

そうしたとき、火災保険の請求では依頼する代行業者が最重要となります。中には詐欺業者も混じっているため、こうした会社は絶対に避けなければいけません。

詐欺業者の例として「修復工事をセットにして保険金請求を勧める」などは、その代表です。ただ、高い工事費用(通常価格の工事)の見積書というのは、あくまでも損害保険会社への提出用であり、この内容をもとに工事してはいけません。

優良業者だと、保険金請求だけに徹します。お客さんに損をさせたくないためです。当サイトが紹介する業者も優良代行会社なので、保険金を受け取った後のお金の使いみちについて指示出しをすることはありません。

ただ申し訳ないですが、無料での初回相談はしていません。3,000円(税込)と非常に低額ではありますが、火災保険請求の事前面談費用をもらっています。

この理由として、既に多くのお客さんを抱えている超優良業者のため、「依頼する気はないが、情報だけを取りたい人」などを完全無料で相手にしていると、既存のお客さんへの対応の質が低下してしまうからです。質の悪い人を排除するため、低額ですが敢えて初回相談のみ有料に設定しています。

もちろんその後は完全成果報酬ですし、当サイトの優良業者を利用すれば3,000円くらいは簡単に元を取れます。そこで、本気で優良業者を紹介してもらいたい人は、積極的に事前面談を利用してください。

 

火災保険金の請求で100~200万円の現金をデメリットなしに入手可能

火災保険に加入していれば、台風での一部損壊を含めて誰でも請求できるのが火災保険金です。一戸建て住宅は当然として、マンション・アパートや店舗、工場・倉庫などでも問題なく利用できます。通常、一回の請求で100~200万円の保険金が手に入り、マンションなど規模が大きいと請求額がより高額になります。

ただ、素人が保険金請求をしたとしても損害保険会社から拒否される確率が高いです。台風被害の報告書の提出が必要なので、書類不備によって支給されないのです。また契約プランによっては「20万円以上の請求額でなければ支給しない」などの免責ルールもあり、火災保険独自の決まりに注意しなければいけません。

そこで、ほとんどの人が火災保険金の請求で専門の代行業者を利用します。請求作業を依頼すれば現地調査が1~2時間ほど行われ、必要な書類をすべて作成してくれます。

しかし、こうした代行業者に依頼するにしても、どこに優良業者がいるのか知っている人はほとんどいません。そこで当サイトでは、提携している優良業者を紹介します。提携会社に依頼するだけで、あなたは何も面倒な作業をせずに高額な保険金を入手できるようになります。

保険金請求の相談ページへ