いくらの保険金が下りるのか

保険金の額はあなたの不動産や損害場所によって異なります。ただ一般的には、一戸建て住宅であれば100~200万円ほどの金額になります。

これがマンション・アパートや店舗、工場など規模が大きい場合だと、より高額な保険金請求となることが多いです。

なぜ相談料が無料ではないのか

下手に無料相談にしてしまうと、「依頼する気はないが情報だけを入手したい人」などのように、質の悪い人をたくさん相手にしなければいけません。

ただ、当サイトと提携している優良業者は既に多くのお客さんを抱えており、そうしたダメな人を相手にしている暇はありません。また、ダメな人に時間を割いていると既存顧客に対するサービスの質が悪くなっています。

これを避け、本気で依頼したいと考えている人だけ相手にしています。ただ当サイトの提携業者は優良業者なので成果報酬ですし、保険金が下りた後の使い道はあなたの自由です。また優良業者なので面談料3,000円の元は簡単に取ることができ、結果として得をします

対応地域はどこか

当サイトは全国対応ではありません。対応地域は以下になります。

  • 首都圏:東京、神奈川、埼玉、千葉
  • 福岡
  • 沖縄

台風被害以外でも請求できるのか

落雷や雪など、台風以外であっても問題なく保険金申請できます。ただ火事や地震などによる全壊・半壊でないのであれば、落雷や雪などよりも台風被害での申請をおすすめします。

落雷や雪の被害は限定的です。ただ台風だと、家のありとあらゆる場所が損傷を受けます。例えば、建物内であっても台風だと被害があります。また雪災による被害と思えたとしても、実際には台風被害であるケースもあるため、台風被害として保険金請求することをおすすめします。

個人事業主や法人だが申し込み可能か

可能です。むしろ、ビジネスとしてオフィスや店舗、工場・倉庫などを運営している場合、一戸建て住宅よりも高額な保険金が下ります。そのため、ビジネスでのキャッシュフローが大幅に改善されます。

保険金を受け取った後、必ず工事しなければいけないのか

必ず工事をする必要はありません。受け取った保険金の使い道はあなたの自由です。どのようなお金に利用しても問題ありません。保険金で修理工事をしてもいいし、その他の費用として活用してもいいです。

火災保険の請求でデメリットはあるのか

特にデメリットはありません。保険金請求をしたとしても、火災保険料の増額はないですし、その後についても何度も保険金を請求できます。

損害保険で保険金請求をためらう人が多いのは、自動車保険のイメージが強いからです。自動車保険で保険金請求すれば、等級が悪くなって保険料が高額になります。

ただ火災保険は自然災害に対する補償です。交通事故とは異なり、自然災害を防ぐのは不可能です。こうした性質のため、火災保険の請求をしたとしても保険料は上がらず、その後も問題なく何度も保険金を請求可能なのです。つまり、保険金請求をしないほうが損をしているといえます。

賃貸だが利用できるか

ビジネス利用でオフィスや店舗、工場・倉庫などを利用している場合なら、賃貸であっても当サイトのサービスを利用できます。

賃貸マンション・アパートを借りている一般人については、残念ながら利用できません。保険金請求できる項目がほぼ存在しないからです。ただ個人事業主や法人でオフィスや店舗などを契約している場合、高額な保険金請求が可能です。

 

火災保険金の請求で100~200万円の現金をデメリットなしに入手可能

火災保険に加入していれば、台風での一部損壊を含めて誰でも請求できるのが火災保険金です。一戸建て住宅は当然として、マンション・アパートや店舗、工場・倉庫などでも問題なく利用できます。通常、一回の請求で100~200万円の保険金が手に入り、マンションなど規模が大きいと請求額がより高額になります。

ただ、素人が保険金請求をしたとしても損害保険会社から拒否される確率が高いです。台風被害の報告書の提出が必要なので、書類不備によって支給されないのです。また契約プランによっては「20万円以上の請求額でなければ支給しない」などの免責ルールもあり、火災保険独自の決まりに注意しなければいけません。

そこで、ほとんどの人が火災保険金の請求で専門の代行業者を利用します。請求作業を依頼すれば現地調査が1~2時間ほど行われ、必要な書類をすべて作成してくれます。

しかし、こうした代行業者に依頼するにしても、どこに優良業者がいるのか知っている人はほとんどいません。そこで当サイトでは、提携している優良業者を紹介します。提携会社に依頼するだけで、あなたは何も面倒な作業をせずに高額な保険金を入手できるようになります。

保険金請求の相談ページへ