資金繰りを行っていく中で、金融機関から融資を受けることは重要になります。会社の規模を拡大するためには、人件費や設備の増強などの先行投資が必要になるためです。

お金を借りるとなると、一般的には「銀行」を思い浮かべる人が多いはずです。実際に、都市銀行や地方銀行、信用金庫といった銀行から融資を受けている人は少なくありません。ただ、融資を行ってくれる金融機関は銀行だけではありません。

例えば、「政府系金融機関」や「商工ローン」などは、融資をしてくれる金融機関です。

このように、融資を行っている金融機関にはさまざまな種類があります。そのため、融資を受ける際には、それぞれの特徴を理解した上で、あなたに合った金融機関からお金を借りることが大切です。

そこで今回は、「資金繰りに欠かせない融資を行っている金融機関の種類と特徴」について解説します。

銀行・信用金庫

資金調達のために融資を考えた場合、最初に思い浮かぶのが銀行・信用金庫だと思います。実際に、多くの人や会社が銀行・信用金庫から融資を受けています。

銀行借入れ

資金調達の基本は、銀行からの借入れです。そして、銀行の借入方式には主に「手形割引」「手形貸付」「証書貸付」「預金当座貸越」の4つがあります。

・手形割引

手形割引とは、支払い期日前の受取手形を銀行に渡して、手形の額面から金利分を引いた額を受け取る借入れ方法です。つまり、本来であればまだ現金化できない手形を、手数料を支払うことを条件に銀行で現金化してもらう方法です。手形割引による借入は「手形を割る」とも表現されます。

そして手形割引は、借入方式の中で最も簡単で難易度が低い方法です。

・手形貸付

手形貸付とは、所定の「約束手形」を金融機関に交付することで、貸付を受ける方法です。約束手形とは、「一定の期日に一定の額を支払うことを約束する有価証券」のことをいいます。手形割引の次に難易度は低く、1年以内の借入期間であれば、基本的には手形貸付が利用されます。

・証書貸付

証書貸付とは、所定の「金銭消費者貸借契約証書」という契約書によって銀行から借入れをする方法です。

手形貸付とは違い、1年以上の長期間に渡る借入れ時に利用される借入方式になります。

・預金当座貸越

預金当座貸越とは、当座預金の残高が不足すると、自動的に貸付が実行されるものです。これは非常に便利なものですが、銀行からの信用が高い企業しか利用することができません。

そのため、借入方式の中では、最も利用難易度が高い方法です。

銀行・信用金庫の違い

同じ金融機関でも、銀行と信用金庫にはいくつかの違いがあります。

例えば、信用金庫は銀行に比べて、地域の密着性が高いのが特徴です。また、信用金庫よりも銀行は小回りが利きにくい傾向にあります。

その一方で、銀行には「貸出金利が低い」「商品の数や情報量が豊富」という特徴があります。

銀行と信用金庫から融資を受けることを検討している場合には、こうした違いを理解しておくことが大切です。

政府系金融機関

金融機関の中には、「政府系金融機関」と呼ばれるものが存在します。

政府系金融機関とは

政府系金融機関とは、その名の通り、出資金の多くを政府が出している金融機関であり、経済発展や国民生活の安定などを目的に設立されています。

一般的に、中小企業向けの政府系金融機関というと「日本政策金融公庫」になります。日本政策金融公庫とは、2008年10月1日に「国民生活金融公庫」「中小企業金融公庫」「農林漁業金融公庫」の3つが統合されたものです。

その他にも、「国際協力銀行」「日本政策投資銀行」「住宅金融支援機構」などは、政府系金融機関の代表的な例として挙げられます。

政府系金融機関の特徴

政府系金融機関は、営利を目的としていないため、民間の銀行などとは違った特徴があります。

例えば、民間の銀行などと比較すると政府系金融機関は貸出金利が安いです。また、銀行では相手にされないような企業でも、政府系金融機関であれば相談を受けて、融資を実行してもらえる可能性があります。

そして、政府系金融機関の動向は常に国民の目にさらされているため、貸出態度なども終始一貫していて変わりにくいといえます。

ただ、政府系金融機関は支店が少ないです。そのため、それぞれの会社(顧客)に対して細やかな対応ができないのが欠点だといえます。

信用保証協会

信用保証協会とは、中小企業が銀行などから融資を受ける際に、その融資を保証してくれる組織です。全都道府県に必ず1つは存在しています。

中小企業が融資を受ける際には、「保証協会付融資」と「プロパー融資」の2つがあります。保証協会付融資とは、信用保証協会が保証人になることで受けられる融資です。つまり、「銀行との間に信用保証協会が介する」ことになります。信用保証協会に対しては、保証料の支払いが必要となります。

保証協会付融資であれば、借りたお金を返済できなかったときに、信用保証協会が銀行に対して肩代わり返済をしてくれます。そのため、保証協会付融資であれば、銀行は安心して融資を実行するのです。

それに対してプロパー融資とは、信用保証協会を介さずに銀行から直接融資を受ける方法です。この場合、銀行からの審査は厳しいものになりがちです。

信用保証協会を介した融資の特徴

例えば、日本政策金融公庫は直接融資を行いますが、信用保証協会は「保証の代行」をするにとどまり、直接の融資を行うことはありません。基本的に融資の窓口は、銀行や信用金庫・信用組合になります。

そして、信用保証協会が関わる融資には「制度融資」と「一般融資」の2つが存在します。

制度融資とは、国や県、市が決めた制度に則って行われる融資です。そして、信用保証協会の保証に加えて、都道府県や市町村のバックアップが考えられます。例えば、利子補助を行ってくれたり、信用料の一部を補助したりといったことです。

そのため、制度融資を受ける際には、それぞれの自治体によってルールが異なります。基本的に制度融資は金利が低く、固定金利です。

一般融資とは、制度融資以外で信用保証協会が行う融資全般を指します。

商工ローン

商工ローンとは、企業向けの金融商品の総称です。つまり「法人版の消費者金融商品」といえます。商工ローンはノンバンクとも呼ばれ、銀行などのように預金業務を行っていません。

商工ローンの特徴

消費者金融商品は高金利であるイメージを持っていると思いますが、商工ローンも同様で高金利であるのが特徴です。ただ、銀行などに比べると融資審査が通りやすく、即日返答で、短期間(1~2週間)で、融資が実行される会社もあります。

そのため、入金の予定があり一時的に資金が足りない場合には、使い方によっては便利だといえます。

そして、商工ローンは手形割引や有担保での融資が基本です。商工ローンの中には「無担保で融資可能」としているところもありますが、その場合には「連帯保証人」を求められることになります。

その辺りは、無担保融資が行われる消費者金融とは違います。

商工ローン利用時の注意点

商工ローンの利用は、確実に返済できる目処がついており、一時的な資金不足を補うためには使い勝手が良い方法だといえます。ただ、商工ローンを利用する際には、いくつか注意しなければいけないことがあります。

・金利が高い

商工ローンを利用する際に、一番気をつけなければいけないことは貸出金利が高いことです。例えば、銀行や信用金庫などは、年1~5パーセントの金利で融資を出してくれますが、商工ローンでは年15~20パーセントの貸出金利が付きます。

そのため、もし商工ローンによって一時的に資金繰りが改善しても、最終的に金利の影響で資金繰りが悪化してしまう可能性があるのです。

・他所には漏らさない

また、商工ローンを借りていることは、基本的に銀行などには漏らさないようしなければいけません。

銀行などは、商工ローンからお金を借りていることを嫌います。そのため、取引している銀行に商工ローンから融資を受けていることが知れわたると、今後の付き合いに悪影響を及ぼす可能性が高いです。例えば、融資が打ち切られるような場合もあります。

そうしたことから、商工ローンを利用する際には、他行には情報を漏らさないように注意してください。

ビジネスローン専門金融機関

ビジネスローン専門金融機関とは、銀行や信用金庫と商工ローンの中間の貸出金利で融資をしてくれる金融機関です。銀行なども「ビジネスローン」という融資商品がありますが、ビジネスローン専門金融機関の融資は、銀行のそれよりも金利が高い傾向にあります。

例えば、「新生ビジネスファイナンス」「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」などは、ビジネスローン専門の金融機関です。

ビジネスローン専門金融機関は、銀行や信用金庫と商工ローンの中間の特徴をもっています

例えば、ビジネスローン専門金融機関の貸出金利は年8~15パーセント程度です。また、融通は利きやすく、銀行などと比較すると融資審査も通りやすい傾向にあります。

そのため「短期間でお金が必要であるが、商工ローンは避けたい」という場合にお勧めです。

その他

その他にも、融資を行ってくれる金融機関としては、信販会社やリース会社、不動産担保金融会社などが挙げられます。

・信販会社

信販会社とは、クレジットカードなどを使って販売信用を行う会社です。クレジットカード会社が、クレジットカードによる販売信用しか行っていないのに対して、信販会社は2ヶ月以上の後払いで購入する「個別あっせん(個別信用購入あっせん)」や「割賦販売(分割払い)」といったサービスも実施しています。

信販会社によるカードローンは、貸出金利に幅(年3~18パーセント)があります。そして、融資審査は貸出金利が低いところほど厳しい傾向にあります。

早期に現金が必要な場合には、商工ローンと合わせて検討すると良いでしょう。

・リース会社

リース会社とは「お客様が選んだ物件や機械設備を代わりに購入して貸出す」というサービスを行っている会社です。

つまり、リース会社が資金調達を肩代わりして、お客様に長期間賃貸することで購入代金や金利、保険料などを支払ってもらうような取引形態になります。例えば、リース会社としては「オリックス」や「三菱UFJリース」「日本ビジネスリース」などが例として挙げられます。

・不動産担保金融会社

不動産担保金融会社とは、その名の通り、自宅や土地などの不動産を担保とすることで融資を行っている会社です。不動産担保ローンともいわれ、低金利で大口の借入れができるのが特徴になります。

ただ、当然ながら返済できなかった場合には、担保に入れた不動産を失うことになります。

今回述べたように、資金繰りのために融資を受ける際には、さまざまな金融機関が存在します。ただ、金融機関はそれぞれで貸出金利や融資審査の難易度などが異なります。

そのため、それぞれの金融機関の特徴を把握した上で、あなたの状況に合った金融機関を選択することが大切です。


年間350万円以上を節税

「優秀な税理士」の判断は一つだけです。それは、「どれだけ節税のノウハウがあり、節税方法を教えてくれるか」です。

ただ多くの税理士の場合、記帳などの事務作業は得意であるものの、節税について積極的に教えてくれることはありません。あるとしても、保険商品の活用を勧められるくらいです。そのため、何も対策を講じなければ会社経営者や相続額が多い人は無駄に税金を支払うことになります。

ただ、私は優秀な税理士に乗り換えたことで「家賃の個人負担が家賃総額のわずか6%」「出張に行くたびに30万円以上の非課税の現金を手にできる」「社会保険料を年間130万円削除」など、何も対策を講じなかったときに比べて一瞬で年間350万円以上も節税できています。

現在では、海外口座の活用や再保険(キャプティブ)の利用など、あらゆる節税策によって年間にして何千万円もの節税をしています。

高額な財産を相続する人や会社経営者は節税に精通した税理士が必須です。そこで、実際に節税に強い税理士(=当サイトの運営会社がお世話になっている税理士)を紹介します。税理士を変え、節税コンサルを受けるだけで、あなたの会社の財務状況は一変するようになります。

節税コンサルの応募ページへ


Twitterでビジネス情報を確認