法人や個人事業主にとって、電力コストは非常に大きくなりがちです。使用する電気量が多いため、必然的に電気料金が上がってしまうのです。

こうした電気代を削減するとき、電力削減コンサルティングのサービスを実施しているエージェントがあります。これらコンサルタントはどのようにして、ビジネスをしている法人や個人事業主の電力コストを下げるのでしょうか。

経費として利用している電力コストを削減するには正しい方法があります。当然、優良コンサルタントに依頼するほど、効果が大きくなります。

そこで電力削減コンサルティングを依頼することによって、どれだけ電気代を削減できるのかの実例を含めて解説していきます。

電気代の削減コンサルの中身は競争入札

電気代の削減コンサルタントに依頼することで、なぜ電気代を節約できるのでしょうか。これについては、単純に値段の安い業者と契約できるようになるからです。

経費削減をする場合、一般的にはデメリットも存在します。ただ電力コストの削減については、例外的にデメリットがほぼ存在しません。電気が通る電線は同じであり、発電施設も同じです。違うのは、小売価格が安くなるだけです。

そこで、電力会社の見直しをすることによって電気代が大幅に安くなります。ただ、電力会社によって地域ごとに強みが異なります。また、利用側の業種業態によって提示できる電気代の最安値が変わります。そのため、どの電力会社が優れているのかは、利用側の会社の状況によって異なります。

こうした理由があるため、優れた電力削減コンサルティングのエージェントでは50社以上の電力会社に対して依頼をかけ、競争入札させます。オークション形式によって電気代を提案させ、底値を出させるのです。

その結果、ほぼ確実に最安値の電気代にて契約できるようになります。電力削減コンサルティングを依頼すると、高額な電気代削減が可能になるのはこうした理由があります。

自ら業者を探す・一括見積だと損をする理由

このように50社以上の電力会社に対して一気に競争入札をかけるため、あなたが自ら新電力会社を探す場合と比較すると、競争入札方式のほうがほぼ確実に得をします。あなたが新たな電力会社を見つけて電気代を削減したとしても、それは底値ではないからです。

同じことは、電気代の一括見積もりでもいえます。一括見積もりによって、あなたが一つずつ電話対応する場合だと、多くても5社ほどの比較になります。当然、わずか5社を比較するだけでは電気料金が底値になることはありません。

そこで競争入札を実施することによって、あなたの地域に対応している50社以上の電力会社に対して価格を提示させなければいけません。

電気代の経費を落としたい場合、電力削減コンサルティングを依頼しなければ最安値になりません。あなた自ら電気会社を探したとしても、それは底値でないことを理解しましょう。

二回目の電力コスト削減でも成功する理由

こうした理由から、二回目の電力コスト削減の依頼であったとしても、大幅な電気代の節約が可能になります。

自ら新電力会社を探して契約した法人や個人事業主の場合、前述の通り最安値ではありません。そのため、電気代の削減コンサルティングを依頼することによって確実に電力コストを減らせるようになります。

また以前に電力削減コンサルタントを利用した人であっても、さらに電気代を抑えられる可能性が非常に高いです。理由は単純であり、あなたが以前に依頼した電力削減コンサルが「50社以上に競争入札させて、底値を出させていない」というケースが頻繁にあるからです。

実際のところ数社だけ見積もりを出させ、ある程度安い電気代(底値ではない)を提示する電気代のコスト削減業者もいます。その場合、優良な電力コストの削減業者に依頼することで大幅な経費削減が可能になります。

電力削減で底値を出すと、削減額はどうなるのか?

なお、法人経営者や自営業者にとって気になるのは、「電力コストの削減コンサルティングを依頼することによって、どれだけ電気代を節約できるのか」だと思います。

これについては、法人や個人事業主によって違いますが10~30%ほど電気代をコストカットできます。平均して、約15%のコスト削減を一瞬で実現できます。

もちろん、削減金額は現在使用している状況での電気代によって異なります。例えば一般家庭であれば、同じやり方で底値を出させるにしても、削減金額は月1,000円ほどです。つまり、そこまで大きな違いはありません。

ただ、これが「事務所オフィスを借りている」「複数店舗をもっている」「工場がある」「不動産オーナーでマンションやビルをもっている」などのケースだと、一般家庭に比べて必然的に電気の使用量が多くなります。その結果、大幅なコスト削減が可能になるというわけです。

複数店舗があると威力が大きい

そこで、実際にいくら金額が異なってくるのか、いくつか事例を挙げて紹介していきます。当サイトの紹介によって、実際に電気料金を削減した実例を掲載します。

一店舗を保有する会社や個人事業主でも経費削減はできますが、複数の店舗があるとより威力が大きくなります。例えば、以下は5店舗を運営する自動車用品販売店の電気代削減コンサルの内容です。

5店舗合計で月に60万7882円の電気代が発生している会社です。そこで電力削減コンサルを依頼した結果、月の電気料金は53万9595円に下がりました。その差は6万8287円であり、削減率は約11%です。

削減率は低めでしたが、それでも複数店舗運営によって月の電気代が高額になっていたため、このように削減金額は大きいです。ほぼ労力なしに、電力会社の見直しをするだけで年間にして70万円以上の経費削減を実現しました。

マンション・ビルの不動産オーナーは電気代削減が必須

なお賃貸オフィスを借りていたり、店舗をもっていたりする人に限らず、不動産オーナーも電気代削減が非常に効果的です。マンションやビルの共用部分で高額な電気代が発生しているからです。この電気代を削減するだけで、年間利回りが圧倒的に向上します。

例えば以下は、オフィスビル一棟(地上5階、地下1階)にて電力削減コンサルティングを実施したときの見積もりです。

年間にすると、電気代の基本料金が約314万円から約173万円に下がりました。半分ほどに基本料金が下がっています。ちなみに基本料金というのは、電気を利用しても利用しなくてもかかる費用です。

また使用電力の単価も下がっています。電気の利用料は月によって異なりますが、ザックリと年間で108万円ほど削減できています。これらを合計すると、年間で約249万円の経費削減を実現できています。

マンションやビルは消費電力が必然的に大きくなりがちです。一つの不動産であっても、このように大きな経費削減が可能になります。

工場など、使用する電気料金が高額だと削減幅が大きい

同じことは工場や病院、ホテルなどの施設でもいえます。こうした施設の場合、一つの建物だけでも電気代は高額になります。

例えば、以下は富山にある食品加工工場での電気代削減コンサルティングの内容です。

先ほどとは異なり、1kWhあたりの単価は安くなりませんでした。しかし、電気料金の基本料金が6割減になっています。その結果、年間の電気代を64万円以上も抑えることができました。

電気利用の単価は減らなかったものの、基本料金が大幅に減るだけでもこのように大きな経費削減が可能です。

入札依頼の費用がゼロなのが優良業者

このように非常に高額なコスト削減が可能になるのが電気料金の削減です。ただ、50社以上に競争入札させ、現地調査や交渉をすべて代行してくれるとなると、非常に高額な初期費用がかかってしまうように思ってしまいます。

ただ優良な電力削減コンサルタントの場合、入札依頼をするときの初期費用はゼロです。つまり、最初に高額な費用を取ることはありません。もし、電気代が下がらなかった場合は別途支払うお金はありません。

当サイトについても、先ほど記した実例のように、これまで何度も高額な電気代の削減を実現してきました。当サイトは既に多くの顧客を抱えており、顧客対応の質を落としたくないので最初だけ少額の相談料をもらっていますが、それ以外は調査費用を含めて無料です。

エージェントによっては、調査費用として5~10万円の費用を最初に徴収することがあります。ただ、そうした電力削減コンサルタントは質が悪いですし、あなたのリスクが大きくなるため利用してはいけません。

完全成果報酬にて支払いを行う

それでは、無料にて現地調査や交渉をしてもらうとき、すべてが完全無料かというと当然ながらそういうわけではありません。ビジネスでサービスを提供しているため、電気代を削減できればそれに応じて報酬を支払うことになります。

完全成果報酬にてコンサルタントサービスを実施してくれるのが優良業者です。成果報酬なので、頑張って底値を出そうとするのです。

このとき、削減できた金額に応じて報酬を支払うのが一般的です。例えば、「削減できた電気料金の10~12ヵ月分」などです。削減できた分に応じての報酬支払なので、依頼する側としてはデメリットがまったくありません。

また電気代はビジネスをしている限り永久に支払い続けます。そのため先ほどのケースであれば、10~12ヵ月を過ぎたら電気料金を削減できた分だけ高額な利益が出るようになります。

・手数料ゼロも可能

なお、経営者によっては「成果報酬であっても、10~12ヵ月分の削減費用を支払いたくない」という人もいるでしょう。その場合、切り替え手数料ゼロにて行う方法もあります。つまり、支払いが完全なしで電気代だけ安くなるというパターンです。

この場合、電気料金の削減コンサルタントは「電気会社からのバックマージンをもらうことで報酬を得る」ようになります。

注意点として、この場合は50社以上で競争入札するわけではないため、電気代の削減率は6~10%と低くなります。競争入札は労力が非常に大きいため、完全成果報酬にて底値を出そうと頑張ります。ただ手数料ゼロの場合、「削減率10~30%になることはない」と理解しましょう。

電気料金の削減コンサルティングで無駄な経費を削る

利益を出す方法として、重要な手法の一つが経費削減です。こうしたコスト削減手段の一つが電気料金の節約です。

ただ電力コストを下げるとはいっても、必ずしも空調温度を調節したり照明の明るさを変えたりする必要はありません。電力削減コンサルティングを実施しているエージェントに依頼するだけで、競争入札にて最安値を出せるようになります。

特別な初期費用は不要であり、完全成果報酬にて年間の無駄な電気代を削ることができます。また削減率は6~10%ほどに落ちますが、成果報酬すらなし(発生コストが完全にゼロ)にて電気料金の引き下げも可能です。

すべての法人や個人事業主が利用でき、成功率がほぼ100%であり、メリットのみでデメリットがほぼ存在しない珍しいコスト削減方法が電気料金の見直しです。経営状態を改善させるため、早めに電気料金削減を行いましょう。


事業主・法人のコスト削減で労力なしに年100万円以上を削減する資金繰り改善

個人事業主や法人はどうしても経費額が高額になってしまいます。そこで経費削減すれば、無駄な支出が減るのでその分だけ利益が出て、キャッシュが手元に残るようになります。

このとき、経営努力が必要になる固定費削減があれば、特に努力なくすぐに大きな成果を出せるコスト削減法も存在します。多くの人は「人員削減や事務用品の削減」など難しいことに挑戦しがちです。ただ、最初は「簡単な方法だが効果の大きいコスト削減」を試さなければいけません。

これにはさまざまな方法があり、電気代削減や損害保険料削減、賃料の下落、社員一人あたりの社会保険料削減、固定資産税の削減&還付など、多くの方法によって特に労力なしにいますぐ固定費削減が可能です。数ヶ月以内に年100万円以上のコスト削減は誰でもできます。

ただ、これにはコスト削減に特化している専門会社を利用しなければ実現は不可能です。そこで、経費削減コンサルの優良業者を紹介します。専門会社に依頼した後、待っているだけで高額なコスト削減が可能であり、大幅に資金繰りが改善されます。

コスト削減の相談ページへ