当サイトでは、中小企業の経営者に向けた節税方法を解説しています。日本は異常に税金が高いため、下手に利益が高いと税金が膨れ上がり、あり得ないほどの納税額になります。適切に節税しなければ、経営を圧迫するほどになります。

ただ、世の中の税理士の99%は節税アドバイスがありません。そのため、ほとんどの経営者は税金を垂れ流している状況にあります。

そこで、どのようにして節税をすればいいのか解説しています。さらには独自の節税アドバイスも実施しているため、これを受けることで一瞬で年間300~500万円以上の無駄な税金を削減することも可能になります。

節税を実施するための知識


年間350万円以上を節税

ビジネスの継続を考えるとき、最も重要なのは節税です。節税策を一つ実施するだけで100万円以上の無駄な税金が減るのは普通ですが、何も対策をしなければ会社経営者や相続額が多い人は無駄に税金を支払い続けることになります。

ただ、私は優秀な節税の専門家(税理士やファイナンシャルプランナー)に依頼したことで「家賃の個人負担が家賃総額のわずか6%」「出張に行くたびに30万円以上の非課税の現金を手にできる」「社会保険料を年間130万円削除」など、何も対策をしなかったときに比べて一瞬で年間350万円以上も節税できています。

現在では、海外法人(タックスヘイブン)の活用や再保険(キャプティブ)の利用など、あらゆる節税策によって年間にして何千万円もの節税を実現しています。

高額な財産を相続する人や会社経営者は節税に精通した専門家が必須です。そこで、実際に節税に強い税理士やファイナンシャルプランナーを紹介します。節税コンサルを受けるだけで、あなたの会社の財務状況は一変するようになります。

節税コンサルの応募ページへ


YouTubeでの節税情報

Twitterでのビジネス情報

Google発のイノベーションって、実はゼロ。検索エンジンは前からあるし、YouTubeは買収した。携帯のアンドロイドもそう。

Googleは他社アイディアをパクり、より良く模倣&改善して成長した会社。Google起源のテクノロジーって、全く期待できない😅

ロイター @ReutersJapan

動画:人間の話を理解して行動するロボット、米グーグルが試作機を公開

高校野球の球児はほぼ地元民ではない。ヨーロッパのサッカーチームはほぼ外国人で構成。アメリカ代表で純粋な白人は少数派。

要は、地元応援でも混成チームが基本。しかも外部頼みの。

日本もアメリカやオーストラリアを見習い、移民政策を考えれば少子化や競争力復活も何とかなるのにね。

タイで寿司職人の求人、最初から月35万円以上。一方、日本で飲食は最低レベルの賃金。

スキルは同じでも、場所を変えるだけで稼ぎはまったく異なる。結局、この視点が可能な人だけが金持ちになれる。

Load More