当サイトでは、中小企業の経営者に向けた節税方法を解説しています。日本は異常に税金が高いため、下手に利益が高いと税金が膨れ上がり、あり得ないほどの納税額になります。適切に節税しなければ、経営を圧迫するほどになります。

ただ、世の中の税理士の99%は節税アドバイスがありません。そのため、ほとんどの経営者は税金を垂れ流している状況にあります。

そこで、どのようにして節税をすればいいのか解説しています。さらには独自の節税アドバイスも実施しているため、これを受けることで一瞬で年間300~500万円以上の無駄な税金を削減することも可能になります。

節税を実施するための知識


年間350万円以上を節税

ビジネスの継続を考えるとき、最も重要なのは節税です。節税策を一つ実施するだけで100万円以上の無駄な税金が減るのは普通ですが、何も対策をしなければ会社経営者や相続額が多い人は無駄に税金を支払い続けることになります。

ただ、私は優秀な節税の専門家(税理士やファイナンシャルプランナー)に依頼したことで「家賃の個人負担が家賃総額のわずか6%」「出張に行くたびに30万円以上の非課税の現金を手にできる」「社会保険料を年間130万円削除」など、何も対策をしなかったときに比べて一瞬で年間350万円以上も節税できています。

現在では、海外法人(タックスヘイブン)の活用や再保険(キャプティブ)の利用など、あらゆる節税策によって年間にして何千万円もの節税を実現しています。

高額な財産を相続する人や会社経営者は節税に精通した専門家が必須です。そこで、実際に節税に強い税理士やファイナンシャルプランナーを紹介します。節税コンサルを受けるだけで、あなたの会社の財務状況は一変するようになります。

節税コンサルの応募ページへ


YouTubeでの節税情報

インスタグラムでの節税情報

Twitterでのビジネス情報

日本人は何でも教材をマンガにする。セールス教材でも難解な数学でも。

これらの内容は分かりやすく、取っつきやすいので優れる。

で、外人が同じ発想は無理。ということで、スタートしたい教育ビジネスの1コンテンツで、こういう日本人独自の発想にて世界で勝負したい。

まったく新しいビジネスを始めるとき、いつも数日ほど仕事をせずに考える。まさにいまの私がそんな感じ。Twitterもいつも以上に見ていない。

ビジネスではゴール(売る商品や方向性)が重要であり、ここをミスるとすべてがうまくいかないので。

いまって、オミクロン株や金融引き締めで「株に投資して大丈夫?」と思っている人が多い。

こういうみんなが怖くなっているときに投資してごらん。勝ちやすいはずだから。

ちょっと本気で上場企業を作ろうか悩み中。日本は興味なく、目指すはNASDAQ。分野はDuolingo $DUOL やスタディーサプリと同じ教育分野。

ただスケールでかくて、金かかりそうだしリスク高い。世の中のスタートアップ、経営者はみんなこんな感じで恐怖があるのか😅

新たな投資家が以前の投資家を踏みにじることを推奨するとき、創業者は警戒するべき(エンジェル投資家:カラカニス著)。

以前、1件10億出資で以前の投資家を排除するM澤ファンドがあった。あれ普通に考えてやばいよな。悪い意味で😅

Load More...