当サイトでは、中小企業の経営者に向けた節税方法を解説しています。日本は異常に税金が高いため、下手に利益が高いと税金が膨れ上がり、あり得ないほどの納税額になります。適切に節税しなければ、経営を圧迫するほどになります。

ただ、世の中の税理士の99%は節税アドバイスがありません。そのため、ほとんどの経営者は税金を垂れ流している状況にあります。

そこで、どのようにして節税をすればいいのか解説しています。さらには独自の節税アドバイスも実施しているため、これを受けることで一瞬で年間300~500万円以上の無駄な税金を削減することも可能になります。

節税を実施するための知識

 

「優秀な税理士」の判断は一つだけです。それは、「どれだけ節税のノウハウがあり、節税方法を教えてくれるか」です。

ただ多くの税理士の場合、記帳などの事務作業は得意であるものの、節税について積極的に教えてくれることはありません。あるとしても、保険商品の活用を勧められるくらいです。そのため、何も対策を講じなければ会社経営者や相続額が多い人は無駄に税金を支払うことになります。

ただ、私は優秀な税理士のコンサルティングを受けたことで「家賃の個人負担が家賃総額のわずか6%」「出張に行くたびに30万円以上の非課税の現金を手にできる」「社会保険料を年間130万円削除」など、何も対策を講じなかったときに比べて一瞬で年間350万円以上も節税できています。

現在では、海外口座の活用や再保険(キャプティブ)の利用など、あらゆる節税策によって年間にして何千万円もの節税をしています。

高額な財産を相続する人や会社経営者は節税に精通した税理士が必須です。そこで、実際に節税に強い税理士(=当サイトの運営会社がお世話になっている税理士)を紹介します。節税コンサルを受けるだけで、あなたの会社の財務状況は一変するようになります。

Twitterでビジネス情報を確認