当サイトでは、中小企業の経営者に向けた節税方法を解説しています。日本は異常に税金が高いため、下手に利益が高いと税金が膨れ上がり、あり得ないほどの納税額になります。適切に節税しなければ、経営を圧迫するほどになります。

ただ、世の中の税理士の99%は節税アドバイスがありません。そのため、ほとんどの経営者は税金を垂れ流している状況にあります。

そこで、どのようにして節税をすればいいのか解説しています。さらには独自の節税アドバイスも実施しているため、これを受けることで一瞬で年間300~500万円以上の無駄な税金を削減することも可能になります。

節税を実施するための知識


年間350万円以上を節税

ビジネスの継続を考えるとき、最も重要なのは節税です。節税策を一つ実施するだけで100万円以上の無駄な税金が減るのは普通ですが、何も対策をしなければ会社経営者や相続額が多い人は無駄に税金を支払い続けることになります。

ただ、私は優秀な節税の専門家(税理士やファイナンシャルプランナー)に依頼したことで「家賃の個人負担が家賃総額のわずか6%」「出張に行くたびに30万円以上の非課税の現金を手にできる」「社会保険料を年間130万円削除」など、何も対策をしなかったときに比べて一瞬で年間350万円以上も節税できています。

現在では、海外法人(タックスヘイブン)の活用や再保険(キャプティブ)の利用など、あらゆる節税策によって年間にして何千万円もの節税を実現しています。

高額な財産を相続する人や会社経営者は節税に精通した専門家が必須です。そこで、実際に節税に強い税理士やファイナンシャルプランナーを紹介します。節税コンサルを受けるだけで、あなたの会社の財務状況は一変するようになります。

節税コンサルの応募ページへ


YouTubeでの節税情報

Twitterでのビジネス情報

戦う場所は重要で、私は地元岡山ではまったくモテなかった。私より公務員の方が人気という謎。起業家は怪しい人と思われる。

ただ東京に住んでからは急にモテるようになった。鋭い感度の人は女性であっても都市部に住む。場所って重要。

先ほど、「ほぼ確実に年利7%以上で増えるオフショア保険」を断られた。

ただ、その人は「100%の確率で損をする日本の貯蓄型医療保険」に加入している。

人間の行動って不思議🤔多くの人が資産運用で失敗するわけだ。

利下げのあとは必ず不況が来る。ITバブル崩壊やリーマンショック、コロナショックなど。

そのときは今よりも本格的な株価減だなぁ。

セントルイス連銀総裁、利上げ前倒しなら23年には利下げ可能にも https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-20/RC71UET0AFB401 via @business

ラブアン法人の税務申告で監査会社とやり取りしている。

質問が多くて面倒だし、無駄に監査代も高い。それでいて、いまでは法人税24%のオワコン法人。

この会社を利用する人、今後一切いないだろ。私も数年以内にラブアン法人とはおさらば。

日本のインフレ率が発表され、2.1%。なんと日銀の目標を達成。

ただ私たちの給料は上がっておらず、むしろ税金だけ上がっている。インフレの原因は円安や戦争などで原料が高騰したため。

国に頼らず、外貨で資産形成しないと将来は苦しいわけだ。

Load More...