当サイトでは、中小企業の経営者に向けた節税方法を解説しています。日本は異常に税金が高いため、下手に利益が高いと税金が膨れ上がり、あり得ないほどの納税額になります。適切に節税しなければ、経営を圧迫するほどになります。

ただ、世の中の税理士の99%は節税アドバイスがありません。そのため、ほとんどの経営者は税金を垂れ流している状況にあります。

そこで、どのようにして節税をすればいいのか解説しています。さらには独自の節税アドバイスも実施しているため、これを受けることで一瞬で年間300~500万円以上の無駄な税金を削減することも可能になります。

節税を実施するための知識


年間350万円以上を節税

ビジネスの継続を考えるとき、最も重要なのは節税です。節税策を一つ実施するだけで100万円以上の無駄な税金が減るのは普通ですが、何も対策をしなければ会社経営者や相続額が多い人は無駄に税金を支払い続けることになります。

ただ、私は優秀な節税の専門家(税理士やファイナンシャルプランナー)に依頼したことで「家賃の個人負担が家賃総額のわずか6%」「出張に行くたびに30万円以上の非課税の現金を手にできる」「社会保険料を年間130万円削除」など、何も対策をしなかったときに比べて一瞬で年間350万円以上も節税できています。

現在では、海外法人(タックスヘイブン)の活用や再保険(キャプティブ)の利用など、あらゆる節税策によって年間にして何千万円もの節税を実現しています。

高額な財産を相続する人や会社経営者は節税に精通した専門家が必須です。そこで、実際に節税に強い税理士やファイナンシャルプランナーを紹介します。節税コンサルを受けるだけで、あなたの会社の財務状況は一変するようになります。

節税コンサルの応募ページへ


YouTubeでの節税情報

Twitterでのビジネス情報

海外にいても基本、生活は変わらない。私の場合、家に引きこもってずっと仕事。それならアジアに住むほうが旅行に行きやすいし、生活費は安いし、オフショア法人を使えば無税にもできる。何も変わらないのにアジアなら圧倒的にお金が貯まるなら、そりゃ富裕層は喜んで海外移住するわけです。

稼いでいる富裕層を見ると、羨ましいかもしれない。ただ日本だと、重税によって稼いでいても年収を1500〜2000万円以下に抑えるのが普通。そのため、まったくお金が増えないので節約生活が普通。まあ、これが現実なわけですよ。唯一の例外が海外移住節税。完全合法&無税によって高速でお金が貯まる。

ホームセンターで仕事のできそうなフィリピン人に依頼し、浄水器をセット。来週は給湯器もセットされ、引越し後の生活がほぼ完成される。途上国での引越し労力は(恐らく)日本の5倍ほど😅

パパ活やギャラ飲みの脱税、現金で受け取り、自分の銀行口座に振り込まなかったらバレなかったかもね。その場合、大量の現金を溜め込むことになるが😅

「ギャラ飲み」で得た所得約4千万円を隠し、加算税を含む約1100万円を追徴課税 https://www.sankei.com/article/20221124-5ISV7DNGTJJ5RDXKOA6QZQQPPU/

海外に住むには英語は不要。ただ、話せると便利だよね。完璧ではないが、私は8〜9割ほど相手がいう内容を理解できる。なのでいまは保育園の先生や工事会社、大家など、現地の人と直でやり取り。しかし、英語力ゼロの妻も普通に生活できているので、英語は単なるツール。

Load More