年間350万円以上を節税

ビジネスの継続を考えるとき、最も重要なのは節税です。節税策を一つ実施するだけで100万円以上の無駄な税金が減るのは普通ですが、何も対策をしなければ会社経営者や相続額が多い人は無駄に税金を支払い続けることになります。

ただ、私は優秀な節税の専門家(税理士やファイナンシャルプランナー)に依頼したことで「家賃の個人負担が家賃総額のわずか6%」「出張に行くたびに30万円以上の非課税の現金を手にできる」「社会保険料を年間130万円削除」など、何も対策をしなかったときに比べて一瞬で年間350万円以上も節税できています。

現在では、海外法人(タックスヘイブン)の活用や再保険(キャプティブ)の利用など、あらゆる節税策によって年間にして何千万円もの節税を実現しています。

高額な財産を相続する人や会社経営者は節税に精通した専門家が必須です。そこで、実際に節税に強い税理士やファイナンシャルプランナーを紹介します。節税コンサルを受けるだけで、あなたの会社の財務状況は一変するようになります。

節税コンサルの応募ページへ


YouTubeでの節税情報

Twitterでのビジネス情報

手取り収入は増えるどころか、むしろ減っている。なのに税収は毎年のように過去最高を更新。

明らかに変なわけだが、だからこそ無駄な税金を抑えて個人資産を増やす重要性がわかる。

税金を払っても、バラマキや節電ポイントのインフラ整備など、無駄にしか使われないのだから。

2001年や2007年は利下げがあったが、その後に大不況となった。

いまはよりひどい状況で、FRBは景気殺すけどよらしくね、と言っている。つまり、あと1〜3年は株や仮想通貨への投資は不適。

金融緩和(少しの利下げ)があって、すぐに全力投資すると後悔するのはほぼ確実。

KDDIの通信障害に文句を言うようではまだまだ。

東南アジアに住んでいるとスコールで道に洪水がおき、計画的な水の配給ストップ、計画停電もある。

サービスで完璧を求めるのは日本だからだよね😅

もしかしたら、もう既に米国は景気後退入りしているのかも。

四半期のGDPのマイナス成長が2回連続になりそう🤔解雇も活発だし。

コロナ後はすべての景気の速度が早い。

娘のバースデー、海外なので保育園は国際色豊かだ。

親がプレゼントを用意すれば、保育園で先生が渡してくれる。

マレーシアやフィリピンでは、誕生日の人がみんなをもてなす。日本の常識は世界の非常識。

Load More