これからビジネスローン(商工ローン)に申し込みをするとき、必要になるのが審査書類です。また審査に必要な書類に限らず、契約時に要求される書類も存在します。これらについては、事前に集めておかなければいけません。

一般的にビジネスローン・事業者ローンは融資の中でも必要書類が少なく、それでいて審査がゆるいです。

ただ必要書類がなければ審査が進むことはないですし、契約することもできません。そのため、素早く資金調達するためにはどのような書類が必要になるのか理解する必要があります。

そこで、ここではビジネスローン契約までに必要な書類について具体的に確認していきます。

必要書類は会社ごとに異なる

まず、「どのような書類が必要になるのか」というと、カードローン会社によってまったく異なると考えればいいです。実際、ビジネスローンで融資を受けるとき、以下のように2パターンがあります。

  • ビジネス口座(法人口座)にお金が入金される
  • 個人口座にお金が入金される

一般的には、ビジネス口座(法人口座)にお金が入金されるタイプがほとんどです。この場合、法人が審査対象になるので決算書の提出などが必要になります。

一方で個人口座にお金が入金されるタイプのビジネスローンもあります。もちろん事業者ローンなので運転資金や設備投資としてお金を利用できますが、ビジネス口座ではなく個人口座にお金が入金されるため、個人が審査対象になります。そのため、決算書の提出は不要です。

こうしたことから、どちらのパターンの事業者ローンに申し込むのかによって必要書類がまったく異なると考えるようにしましょう。

法人と個人事業主でも書類が違う

また法人口座(ビジネス口座)に振り込まれるタイプのビジネスローンだと、法人と個人事業主でも審査書類が異なるようになります。

法人の場合、どの会社も決算があります。つまり、決算書類があるはずです。創業直後の会社だと決算書がないものの、ビジネスを1年以上継続している会社など決算期を過ぎているのであれば、確実に決算書があります。私の会社でも顧問税理士に依頼して、以下のように決算書を作っています。

ただ、個人事業主だと決算書が存在しません。その場合、確定申告書が審査書類になります。

個人事業主・フリーランスとして事業所得がある場合、1年以上のビジネスを継続している場合は必ず以下のような確定申告書が手元にあるはずです。

自営業の場合、こうした確定申告書が決算書の代わりになります。自らビジネスをしていることの証明になるため、個人事業主は確定申告書が必須といえます。

法人審査に必要な書類:アイフルビジネスファイナンスなど

こうした大まかなことを理解したうえで、必要書類について理解しなければいけません。このときビジネスローンなので、ビジネス口座にお金を振り込む形式が一般的です。そこで、法人や個人事業主として活動しているビジネス口座(法人口座)にお金を振り込むタイプのビジネスローンについて最初に確認していいます。

このタイプのビジネスローンに申し込む場合、どの会社でも以下の書類を要求されます。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 決算書

こうしたものが審査書類になります。書類としてはそこまで難しくなく、手元にあると思います。そのため、素早く用意するようにしましょう。

・本人確認書類

必須になる書類の一つが本人確認書類です。運転免許証やパスポート、住基カードなどが本人確認書類になります。

ただ、場合によってはここに健康保険証が加わることもあります。例えば事業者ローンで有名なアイフルビジネスファイナンスの場合、以下のように法人審査のときに「健康保険証 + その他の本人確認書類(運転免許証など)」を提出するようになっています。

これらは手元にあるはずなので、スキャンまたは携帯電話での撮影などによって対応しましょう。

・決算書

上記の本人確認書類に加えて、決算書を提出すれば完了します。どのビジネスローンでも、あまり聞き慣れない書類を必要書類として掲げています。例えば、以下のようなものがあります。

  • 製造原価報告書
  • 株主資本等変動計算書
  • 個別注記表
  • 勘定科目内訳明細書

貸借対照表や損益計算書であれば理解できます。ただ、その他の書類について何のことだか理解できません。

しかし、これらについては特に心配することはありません。要は、決算書をすべて送ればいいです。税理士が作った決算書が手元にあるはずなので、それをすべて送りましょう。私の場合、顧問税理士に決算書をPDFで送ってもらい、電子データで保管しています。

1期分の決算書はそれなりに枚数が多く、例えば私の会社であれば40~50ページほどになります。以下の通りです。

こうした決算書について、特に考えることなくすべて送れば問題ありません。これら決算書の中に株主資本等変動計算書や個別注記表など、審査に必要なすべての項目が記されているからです。

今回はアイフルビジネスファイナンスの事例をもとに解説しましたが、どのビジネスローンでも本人確認書類や決算書の提出は必要です。そのため、これらは必ず集めておくといいです。

個人事業主は簡単な事業計画書が必要

ただ、前述の通り個人事業主の場合は決算書が存在しません。そのため、本人確認書類の代わりとして確定申告書の提出が必要になります。

しかし、自営業の場合はこれに加えて事業計画書が必要です。

法人の決算書には、経営状況についてあらゆるデータが数字で記載されています。そのため、決算書を見れば経営状況の大部分を把握できます。一方で確定申告書だけの自営業だと、売上や利益しか分からず実態がどうなっているのか不明です。

そこで、個人事業主の場合は本人確認書類と確定申告書に加えて、事業計画書を作成しなければいけません。そのため、決算書を提出すれば事足りる法人に比べると、自営業者は新たに書類を用意しなければならず面倒です。

ただ、銀行系のビジネスローンだと面倒であるものの、アイフルビジネスファイナンスなどノンバンク系の事業者ローンであれば、事業計画書は非常に簡素なものになっています。例えばアイフルビジネスファイナンスの場合、「事業内容確認書」「資金繰り表」という簡単な書類に記入するだけになります。

書くべき項目は非常に少なく、例えば事業内容確認書であれば以下のようなエクセル表があるため、1ページ分を記入するだけになっています。

あなたがしているビジネス内容や売上高、仕入れ金額などを記載するだけであり、5分あれば事業計画書を作成できるようになっています。銀行融資のように難しい書類ではありません。そのため、事業計画書が必要とはいってもそこまで身構える必要はないです。

このように、個人事業主・フリーランスの場合は「本人確認書類 + 確定申告書 + 事業計画書」が要求されると考えればいいです。

契約に必要な公的書類

なお、法人や個人事業主として契約し、ビジネス口座に振り込んでもらう場合は郵送で書類を送ってもらっての契約が必要になります。契約書にサインをするとき、必ず印鑑を押さなければいけません。このとき、公的書類が必要になります。

具体的には、以下のような公的書類を集めるようにしましょう。

  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 法人の印鑑証明書
  • 個人の印鑑証明書

自営業については、登記簿謄本や法人の印鑑証明書が存在しません。そのため、個人の印鑑証明書だけで問題ないです。ただ、法人の場合は3つの書類が必要になります。審査に必要な書類ではないものの、契約時に必要なのです。当然、役所は平日しか開いていないので早めに取得しておくといいです。

※銀行系のビジネスローンなど、審査が厳しいものに申し込みをすると、納税証明書の提出を追加で求められることがあります。

・収入印紙を貼り付ける

また、忘れがちなものに収入印紙があります。契約金額に応じて、初回契約のときだけ収入印紙を貼り付けなければいけません。郵便局で収入印紙を購入できるため、審査が通った段階でいくらの金額になるのか聞いておきましょう。

参考までに、私の場合はアイフルビジネスファイナンスで200万円の融資枠で審査が通ったとき、200円の収入印紙を貼るように指示されました。

いずれにしても、契約書に収入印紙を貼り付けるようにしましょう。

個人審査に必要な書類:オリックスVIPローンカード BUSINESSなど

一方で個人が審査対象になるビジネスローンも存在します。先ほどは法人や個人事業主としてビジネス口座にお金が振り込まれるケースを紹介しました。そうではなく、たとえ法人経営者であっても個人口座にお金が振り込まれ、自由に事業資金として活用するケースになります。

こうした事業者ローンとして、例えばオリックスVIPローンカード BUSINESSなどが知られています。

個人口座にお金が振り込まれるタイプのビジネスローンだと、審査書類が非常に少なくなります。まず、決算書の提出が不要になります。理由は単純に「法人ではなく、個人が審査対象になる」からです。

そのため、オリックスVIPローンカード BUSINESSを含め以下のようなものが必要書類になります。

  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 収入を証明できるもの(確定申告書)

例えば、以下はオリックスVIPローンカード BUSINESSに申し込みをしたあとに表示される、「提出するべき必要書類が記されている画面」です。

もちろん、オリックスVIPローンカード BUSINESSに限らず「個人を審査対象にするビジネスローンの場合、どれもこのように必要書類は少ない」と考えましょう。

なお、収入を証明する書類は特別な理由がない限り、確定申告書を用意するといいです。法人経営者や個人事業主など、サラリーマンでない人は全員が確定申告をすることになります。こうした書類は用意しやすく便利です。

・個人事業主は所定の確認書類が必要

ちなみに、個人事業主の場合はやはり独自の書類に記載しなければいけないことが多いです。法人の場合、登記されているのでビジネスの実態を把握しやすいです。たとえ決算書を提出しなくても、その他の方法で調べることができるのです。

ただ、個人事業主だとそうしたビジネス実態の把握ができません。そのため自営業では、ビジネスローン会社独自の書類を記載しなければいけないことがあります。

例えば自営業の場合、オリックスVIPローンカード BUSINESSでは以下の「経営状況申告書」を作成し、提出する必要があります。

ただ、「主要商品」「主な取引先」「ザックリとした売上」などを記載するだけなので、3分ほどで入力できます。ノンバンク系の事業者ローンについては、どこも独自書類については非常に簡素になっています。

Web契約で公的書類は不要

なお、個人を審査対象にするビジネスローン(商工ローン)の場合、郵送契約をする必要はありません。基本的にはWeb上だけで完結することになります。そのため手続きという面では非常に簡単です。

融資前に契約書類が送られてくるわけではなく、Web契約が可能なので登記簿謄本や印鑑証明書を取り寄せる必要はありません。また、収入印紙を貼り付ける作業も不要です。

さらに、Web契約が可能なので融資までのスピードが非常に早いという特徴があります。郵送契約の場合、郵送の時間が必要なので即日融資は無理です。ただ、Web契約可能なビジネスローンであれば即日融資が可能になります。

もちろん、オリックスVIPローンカード BUSINESSなど個人契約となるビジネスローンであっても、希望すれば郵送にて書類を記載する方式が可能です。ただ、いずれにしても個人契約なので印鑑証明書などの書類は不要になっており、収入印紙も用意する必要がなく、素早く契約できます。

「ビジネス口座(法人口座)に振込されるもの」「個人口座に振込されるもの」を比べたとき、「どちらが優れているか」ということについては、一概に「こちら」とは言い切れません。ただ、少なくとも必要書類を集める煩雑さについては、個人を審査対象にするビジネスローンのほうが優れているといえます。

事業者ローンの審査・契約での必要書類を把握する

融資を受けることになるため、ビジネスローンでは必ず審査のために書類を提出することになります。このとき、特に審査書類についてはできるだけ早めに送付するようにしましょう。

書類をメールやファックスなどで提出しないと審査は進みません。そのため、事前にどのような必要書類があるのか理解することは重要です。また、それと同時に契約までに用意するべき書類についても把握しておきましょう。

ただ、ビジネスローンについては「ビジネス口座(法人口座)に振込されるもの」「個人口座に振込されるもの」の2種類があります。

それぞれで必要書類はまったく異なりますし、借入するまでの流れも異なります。審査スピードはどちらも早いものの、Web契約だけで完結するのか、郵送契約が必要なのかなど細かい違いがあるのです。これらについて理解し、最適なビジネスローンへ申し込みをするようにしましょう。

かつては法人向けのビジネスローン会社がたくさん存在していました。ただ2008年のリーマンショック、2020年のコロナウイルスのパンデミックなど数々の危機によって、いまではビジネスローンを広くサービスとして提供している業者が存在しません。

ただ、そうした中でもアイフルビジネスファイナンスについては、問題なく法人向けのビジネスローンを展開しています。

東京一部上場であり、大手で知られるアイフルだからこそ、業界の中でも法人向けのビジネスローンサービスを広く実施しているのです。そのためビジネスローンに申し込む場合、いまはアイフルビジネスファイナンスの一択になります。

審査基準はゆるく「利率5.0~18.0%」「最高限度額1,000万円」というビジネスローンです。20~69歳であり、業歴1年以上であれば個人事業主や法人を含めて利用できます。