いますぐお金が欲しいと考えたとき、「個人が給料を受け取る権利」を早めに現金化する手法として給料ファクタリングが活用されています。

融資とは異なる手法であるため、金融ブラックの人でも問題なく手軽に行える資金調達法になります。ただ給料ファクタリング会社は一般企業であるため、ほとんどのケースで土曜日や日曜日などの休日は対応していません。

ただ中には、土曜日や祝日であっても問題なく対応してくれる給料ファクタリング会社が存在します。急いでいる場合、こうした会社を選ぶと急な資金調達であっても可能です。

また夜間の対応が可能なのか考える人もいるでしょう。24時間対応であれば、個人はすぐに現金を手にできます。そこで、ここではサラリーマンが給料ファクタリングを実施するときに理解するべき「土日対応」や「24時間の夜間対応」について解説していきます。

個人給料ファクタリングは土曜日・日曜日も対応可能?

知っている通り、一般企業は土日祝日休みです。これは給料ファクタリング会社も同様であり、土曜日や日曜日は基本的に休みになります。また、そうした会社が夜間対応していることはありません。

例えば、以下は給料ファクタリングをしている会社の営業時間です。

このように、月曜から金曜までの9:00~18:00が営業時間になっています。土曜日や日曜日は会社が休みになっています。

ただ個人給料の買取をしてくれるファクタリング会社によっては、休日であっても受け入れてくれるケースがあります。例えば、以下の給料ファクタリング会社は土曜日であっても問題なく対応してくれます。

この会社の場合、日曜日については会社を休みにしているので対応できません。ただ、土曜日については18:00まで営業しています。また祝日についても、19:00までの営業時間になっています。そのため、日曜日以外であれば問題なく給料ファクタリングに対応してくれます。

スタッフ対応の土日祝日の審査は可能

なお、当然ながらこのときの土日対応は審査を含めての対応になります。スタッフが対応することで、土曜日などでも審査を進めてもらうことができるのです。

すべての給料ファクタリングにおいて、申し込み自体はいつでも可能です。メールなどでの問い合わせをすること自体は24時間365日で問題ありません。

しかし、私たち問い合わせる側にとって重要なのはスタッフ対応です。電話をしたときに自動音声が対応するのではなく、メール問い合わせのときに平日になるまで待たされるのではなく、土日にスタッフが手続きを進めてくれることを望みます。

これについて休日対応の会社については、自動音声ではなくスタッフが審査を含めて手続きを問題なく進めてくれるというわけです。

夜間の審査はすべての給料ファクタリングで無理

なお、給料ファクタリングの会社によっては土日祝日対応が可能であることが分かりました。それでは、夜間についてはどうなのでしょうか。

これについて、さすがに夜間の対応をしてくれる給料ファクタリングの会社は存在しません。会社員の資金調達は「事故を起こした」など生死に関わることではなく、緊急性はどうしても薄くなります。そのため、夜間対応まで考慮する意味がないのです。

営業時間は会社ごとに異なりますが、すべてのファクタリング会社で以下のように営業時間に夜間は含まれないと考えましょう。

夜に申し込みを考えている場合、夜間の間にメール申し込みを済ませておくといいです。そうすれば、翌日に給料ファクタリング会社から連絡が来るようになります。

または「金曜日の夜に申し込みを行う」などのケースであれば、土日対応の会社へ応募すると早めの資金調達が可能です。金融日の夜だと、平日の朝になるまで数日が必要になります。ただ、休日対応があれば土曜日や日曜日、祝日の間に手続きを進めて早めの資金調達が可能になります。

年末年始はほぼ稼働なし

なお土曜日に問題なく営業している給料ファクタリング業者であっても、さすがに「年末年始については稼働していない」と考えるといいです。現状、給料ファクタリングで24時間365日の稼働は存在しません。

例えば、以下は先ほど紹介した「土曜日や祝日(日曜日は休み)であっても営業している給料ファクタリング会社の案内です。

ここにある通り、12月31日から1月5日までが休業になっています。その間の問い合わせについては、1月6日から順次対応することになっています。

そのため休日対応可能な給料ファクタリング会社であっても、年末年始については稼働しなくなると考えるといいです。

在籍確認なしは即日入金で必須

なお、このとき重要な要素として「在籍確認」があります。給料ファクタリングの会社によっては、あなたが本当にその会社で勤務しているかどうかについて電話で確認されることがあります。これは、給料ファクタリング業者側のリスクを減らすためのものになります。

在籍確認では、「〇〇さんに聞きたいことがあるのですが、いま在籍していますか?」などのような電話になり、一人の顧客として電話をかけてもらい、在籍確認されることになります。そのため、あなたが働いている会社側が不振に思うことは特にありません。

しかし、あなたの会社が土曜日や日曜日に休みの場合だと、在籍確認をすることができません。その場合、いくら休日対応可能な給料ファクタリング会社であったとしても、在籍確認ができないために即日の審査・振込は不可能です。

ただ中には、在籍確認のない給料ファクタリング会社も存在します。以下の通りです。

そこで、土日の給料ファクタリングを考えるのであれば「土曜日などでもスタッフが対応してくれる」「在籍確認がない」の2つの条件を満たす業者を利用しなければいけません。そうしなければ、土日祝日対応の意味がなくなってしまいます。

ネット銀行などの用意は必要

さらに、あなた側の受け入れ態勢も非常に重要です。メガバンクや地方銀行の銀行口座を指定すると、実際のところ入金が反映されないケースがよくあるからです。

例えば私の地元で広く展開されている地方銀行については、平日の昼15:00までの入金でなければ当日中には反映されないようになっています。当然、土曜日や日曜日、祝日に入金されたとしても反映されず、銀行の翌営業日である平日になるまでお金を自由に使えることはありません。

そこで、ネット銀行を活用しましょう。住信SBIネット銀行や楽天銀行など、ネット銀行の預金口座を保有しているからこそ、給料ファクタリング会社による土日対応が意味あるものになると考えましょう。土日に入金されたとしても、すぐに使えるからです。

参考までに、私の場合はネット銀行として住信SBIネット銀行の預金口座を保有しています。

あなたについても、休日に急な資金が必要になったときにネット銀行を利用すれば、土日祝日であったとしても、給料ファクタリングによって素早いお金の引き出しや振り込みが可能になります。

土日の休日も振り込み対応可能な給料ファクタリング会社

実際のところ、土日であっても振り込み対応してくれる給料ファクタリング会社は稀です。ほとんどの場合、平日だけの対応になります。給料ファクタリング業者というのは、営業時間が一般企業と同じだと考えなければいけません。

しかも、このときは在籍確認なしの給料ファクタリング会社を選ばなければいけません。そうしなければ、あなたの会社が土曜日や日曜日に休みだと即日での振り込みは100%無理です。

こうしたポイントまで考えなければいけませんが、これらすべての条件を満たす給料ファクタリング会社は非常に少ないです。ただ探せば、休日であっても問題なくお金の振り込みをしてくれる業者が存在します。

なお、これまでかつての給料ファクタリングについて解説してきました。かつてというのは、いまは「給料ファクタリングが違法(実質的に闇金と同じ)」と裁判でも判断され、給料ファクタリング業者がどこも廃業し、給料ファクタリングはできなくなっているからです。残っているのは、本当の意味での悪質な闇金業者だけです。

そのため給料ファクタリングは現在不可能ですが、「ブラックでも問題ない中小のキャッシング業者」なら利用することができます。これであれば、ブラックの人でもお金を手にできます。

出典:朝日新聞

こうした、ブラックでも広く受け入れていることで知られる中小業者として「いつも」が知られています。大手だと無理ですが、中小だと可能なのです。

給料ファクタリングは手数料が高く、年利換算だと非常に高額な金利になってしまいます。そのために裁判でも「闇金と同じ」と判定されてしまったわけですが、「いつも」は通常のキャッシング業者です。そのため、給料ファクタリングの利用に比べると手数料は一気に10分の1以下になります。

「働いている人が利用可能」「ブラックでも問題ない」と給料ファクタリングと同じ条件です。在籍確認あがあり、本人確認書類の提出も必要ですが、手数料が圧倒的に低いというわけです。「ブラックなので給料ファクタリングしか無理」と思っていた人でも、業者を選定すれば十分に利用可能です。