会社を設立することを考えたとき、デビットカードの保有は一つの選択肢になります。法人用のクレジットカード保有は法人口座開設とは別に審査が必要になります。例えば、代表者がブラックの状態だと非常に審査基準が厳しくなってしまいます。

ただ一般用のデビットカードであれば、自己破産者でも高校生でもカードを保有できます。これは法人でも同じであり、法人デビットカードであればどのような人であっても問題なく保有できるのです。

そうしたとき、どのように考えて法人デビットカードを活用すればいいのでしょうか。また、どこで会社用のデビットカードを作ればいいのでしょうか。

法人デビットカードを作るにはやり方を理解しなければいけませんし、事前に銀行を選ぶ必要があります。そこで、会社用にデビットカードを作成するときの注意点や方法について、銀行の違いによる特徴を比較しながらランキングで解説していきます。

ネット銀行で法人口座作成すると法人デビットカードを作れる

まず、どのようにして法人デビットカードを作成すればいいのでしょうか。これについては、一般的には「ネット銀行にて法人口座を開設すればいい」と考えるようにしましょう。「ネット銀行で法人口座を作る=法人デビットカードを作成する」ことになるのです。

銀行口座を開設すると、必ずキャッシュカードを作ることになります。ネットバンキングのみで処理をしてもいいですが、現金にてやり取りすることもあります。そうしたとき、キャッシュカードを活用してATMから現金を引き出すことはよくあります。

このとき、ネット銀行のキャッシュカードはどれもデビットカードとしての機能が備わっています。例えば、以下は私の会社で活用しているGMOあおぞらネット銀行でのキャッシュカード&法人デビットカードになります。

このカードをATMに差し込めば法人口座からお金を引き出すことができます。また、同時に法人デビットカードとして決済することも可能になっています。

キャッシュカードにデビットカードの機能が備わっているため、これが法人デビットカードを作成するときにネット銀行にて口座開設することになる理由です。

法人デビットカード作成には審査があるものの、手続きは法人口座開設のみ

それでは、なぜ過去に自己破産をしているようなブラックの経営者であっても問題なく法人デビットカードを作成できるのでしょうか。それは、そうした状況の人でも問題なくネット銀行の審査に通過するからです。

もちろん個人口座とは異なり、法人口座は審査基準が非常に高いことで知られています。そのため、どのような人であっても確実にネット銀行にて法人口座を開設できるわけではありませ。

ただ、一般的にネット銀行は会社の銀行口座開設の審査がゆるいことで知られています。事実、経営者がブラックだとメガバンクでほぼ審査落ちになるものの、ネット銀行では問題なく審査に通過することが広く知られています。

世の中、ブラックな人を含めクレジットカードを作れない人であっても、会社の代表者としてビジネスを展開している人はたくさんいます。これは、そういう社長であっても問題なく法人口座を開設できるからなのです。また、法人口座開設に付随して法人デビットカードを取得できるわけです。

還元率1%でも基本は法人カード保有が優れる

なお、このとき法人デビットカードでは優れたスペック内容になっています。それは、還元率が非常に高いことです。

どのネット銀行の法人デビットカードを保有するのかによってカードスペックの内容は違ってきますが、還元率1%などのように設定されていることはよくあります。このときはキャッシュバックであり、デビットカードで決済した代金のうち、1%が現金として後で戻ってくるというわけです。

例えば、以下のような法人デビットカードがこれに該当します。

ただ、還元率1%のキャッシュバックが優れているかというと、税金面を考えるとそこまで内容が良いわけではありません。基本的には、法人デビットカードではなく法人カード(クレジットカード)を利用するほうがいいです。

ポイントを個人利用できる

まず法人デビットカードを使用し、現金として会社にお金が返ってくる場合、その分だけ利益が増加するので法人税が増えます。法人税率は約30%のため、それだけ還元率の効果が薄まります。

一方でクレジットカード利用のポイントとして貯まっていく場合、ほとんどの経営者が貯まったポイントを個人利用として活用します。つまり法人カード決済で得たお金というのは、非課税の現金と同じなのです。

会社から個人へ給料を出す場合、所得税(累進課税の高額税率)や住民税(税率10%)、社会保険料(税率約30%)を考えると、よほどの低所得者でない限り実効税率は50%を超えます。こうした税金なしにポイントを利用できるため、法人カード利用のほうが優れるのです。

キャッシュフローを改善できる

またキャッシュフローを考えたとき、どうしても法人カードのほうが優れるようになります。

法人デビットカードの利用だと、その場で銀行口座からお金が差し引かれるようになります。カード決済した瞬間に銀行預金からお金が消えるのです。

一方で法人カードであれば、引き落としされるにしても1~2ヶ月後になります。当然ながら、支払いがあとになるため、その分だけ会社としてのキャッシュフローは改善されます。

法人経営者にとって重要な課題の一つが資金繰りです。こうした資金繰りを良くすることを考えたとき、デビットカードではなくて法人クレジットカードの利用になってしまいます。

起業直後やクレジットカードを保有できない会社は法人デビットカード

しかし、中には会社でクレジットカードを保有できていない経営者もいます。その一つが起業直後の会社です。

もちろん起業直後であったとしても、法人カードの作成自体は問題なく行えます。ただ、法人カードを作るためには、法人口座開設を先に行わなければいけません。引き落とし口座を明確に指定する必要があるため、そもそも法人口座がなければ法人カード発行の申し込みはできないのです。

このとき、法人カード作成には1ヵ月ほどの時間がかかるため、どうしてもタイムラグを生じるようになります。

ただ、法人口座を作成すればすぐにでもビジネスが可能です。そうしたとき、カード決済によってお金を支払う場面も出てきます。このとき法人デビットカードがあれば支払いできます。

・ブラックの社長でも問題なく利用できる

また、過去に債務整理をしたり金融事故があったりしてクレジットカードを保有できない人もいるでしょう。そうした人が経営者の場合だと、法人カードを作成しにくくなります。

法人カードでは経営者の個人信用情報も参照されます。以下のような情報が個人信用情報であり、ここには過去の金融事故歴がすべて詳細に掲載されるようになります。

しかし、法人デビットカードなら個人信用情報は関係ありません。ネット銀行にて法人口座さえ開設できれば、その後にキャッシュカード&デビットカードが送られるため、法人クレジットカードを作成できない経営者であっても問題なくカード決済できるようになっています。

ブラックのような人であってもカード利用できることから、すべての人で活用できるのが法人デビットカードです。

支払いのつど、銀行口座から直接引き落とし

なお既に解説しましたが、デビットカードはクレジットカードとは異なり、支払いをしたその瞬間に銀行口座から引き落としされるという特徴があります。要は、現金を支払っているのと同じ感覚だと考えましょう。

現金支払と同じのため、支払い遅延などが起こる確率はゼロです。これが、自己破産者であっても問題なく法人デビットカードを利用できる理由になっています。

・銀行を変更することはできない

ただ銀行口座からの直接引き落としのため、法人デビットカードのデメリットとして「引き落とし先の銀行口座を変更できない」ことがあげられます。

クレジットカードであれば、引き落とし先の銀行口座を自由に指定できます。ただ、法人デビットカードの場合だと、口座開設したネット銀行のみの引き落としになります。キャッシュカード&デビットカードであるため、特定のネット銀行のみ引き落とし先になることを理解しましょう。

おすすめの法人デビットカードは2つ

そのため、法人デビットカードの利用を考えるのであれば、事前に利用するネット銀行を決めておかなければいけません。

そうしたとき、ネット銀行の中でおすすめなのは以下の2つになります。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行

当然ですが、デビットカードを作るにしても銀行によってそれぞれ特徴が異なります。そこで、どのように考えてネット銀行で口座開設し、法人デビットカードを作ればいいのか比較解説していきます。

GMOあおぞらネット銀行は最も優れる

法人デビットカードの作成を考えるとき、第一選択肢になるのがGMOあおぞらネット銀行です。還元率1%であり、さらには国際ブランドがVISAなので全世界どこでも利用できます。そのため、最もスペックの高い法人デビットカードになっています。

ネット銀行としての機能も優れており、振込手数料が低いのは当然として、「1メイン口座につき、20のサブ口座を作れる」「定期的な自動支払いを設定可能」「大量の振り込みにも対応できる」などネットバンキングとしての機能が充実しています。

またGMOあおぞらネット銀行は審査に通りやすいことでも知られています。提出書類は多めですが、その分だけさまざまな角度から審査することができ、結果としてあらゆる人で法人デビットカードを所有できるようになっています。

ネット銀行の中で最も還元率の高いデビットカードを保有できるだけでなく、実際のビジネス利用での利便性も高いのがGMOあおぞらネット銀行です。

住信SBIネット銀行は知名度が高い

ネット銀行の中でも非常に有名な会社が住信SBIネット銀行であり、この銀行の法人口座を開設できることが広く知られています。

もちろん法人口座開設に伴って法人デビットカードを所有できます。ただ、このときの還元率は0.8%です(マスターカードの場合)。そのため、他のネット銀行のデビットカードに比べるとスペックは劣るようになります。

またネット銀行の中では、住信SBIネット銀行は審査基準が少し高めであることが知られています。例えば、住信SBIネット銀行ではバーチャルオフィス形態の法人を一切受け付けていません。

こうしたデメリットはあるものの、他の銀行と違って住信SBIネット銀行は融資制度があり、借入をすることができます。こうした特徴があり、大手のネット銀行を利用したい場合は住信SBIネット銀行を活用しましょう。

振込手数料が安く、機能に優れる
個人事業主・法人おすすめのネット銀行

すべての個人事業主・法人で必須になるのがネット銀行での法人口座開設です。メガバンクや地方銀行からネット銀行に変えるだけで、月40件ほどの振り込みであっても年間24万円以上の無駄な経費を削減できます。

またネット銀行だと24時間365日ログインできるのは当然として「1口座で20のサブ口座を保有できる」「外貨預金が可能」「自動での定期払いを設定できる」など非常に高機能です。

もちろん融資については微妙なため、融資が必要な場合は地方銀行などとも付き合う必要があります。それでも、振込をネット銀行へ変えるだけで大幅なお金の節約につながります。

ただ、ネット銀行とはいっても多くの数があります。また、ネット銀行によって特徴がそれぞれ異なります。そこで、ネット銀行の中でも優れた銀行についてランキング形式にて以下で記しているため、この中からあなたのビジネス活動に最適なネット銀行を選択するようにしましょう。

おすすめのネット銀行