ビジネスで法人口座を開設するとき、心配になるものが審査です。そうしたとき、特に初めて法人口座開設の場面だと、電話番号について心配する経営者がそれなりにたくさんいます。

なぜ、電話番号かというと「固定電話がなければ法人口座開設が無理なのでは?」と考えるからです。これについては、実際のところどうなのでしょうか。

結論を先にいうと、固定電話なしでも問題なく法人口座開設が可能です。もちろん、これはリアル店舗を有する銀行だけでなく、ネット銀行を含めて固定電話なしが可能です。いまの時代、固定電話なしでも問題ないのです。

そこで、ここでは私が法人経営者として「固定電話なしで法人口座開設をした実例」を含めて解説していきます。

固定電話での電話番号が必要なのは過去の話

かつて、携帯電話が当たり前ではなかった時代がありました。そうした時代では、同時にインターネットがいまのように発達しておらず、遠方からの連絡手段は固定電話のみでした。つまり、そうした時代では「法人が活動する=必ず固定電話がある」のが常識でした。

しかし時代は変わり現在は、日本人の多くが携帯電話を保有するようになりました。それと同時に、固定電話なしの家が多くなりました。

例えば私であれば、実家は固定電話の回線が通っているものの、私がいま住んでいる家については固定電話がありません。携帯電話しか保有していないからです。また、法人としてビジネスをするときも固定電話はありません。携帯電話にてビジネル用の電話を受けており、固定電話を契約していないのです。

しかも固定電話だと、事務所にいるときしか電話を取れません。一方でビジネス用の携帯電話であれば、事務所にいなくてもお客さんからの電話を取れます。そのため、圧倒的に便利だといえます。

いまは携帯電話のみで口座開設可能

こうしたことから、いまは私の会社のように、法人であっても固定電話の契約をしない人は非常に多いです。無駄に固定電話を契約するよりも、「ビジネス用の携帯電話を利用する」ようにしたほうが圧倒的に楽だからです。

そのため現在では、固定電話なしであっても問題なく法人口座開設が可能になっています。例えば、以下はネット銀行にて申し込みをするとき、電話番号の記入欄に記載されている文言になります。

このように「携帯電話・IP電話も登録できる」と明記されています。ここから、必ずしも固定電話でなくても問題ないことが分かります。

もちろん過去では、固定電話なしだと法人口座開設できない時代もありました。ただ、いまはそうした古い時代ではありません。私の会社のように固定電話なしでビジネスをする経営者は非常に多く、このように電話番号で「携帯電話でも問題ない」と記されているほどなのです。

「050」のIP電話は便利な電話番号

ちなみに法人としてビジネスをする場合、個人的におすすめなのがIP電話です。あなたの携帯電話に対して、もう一つ電話番号を追加できるのがIP電話だと考えましょう。

通常だと、あなたの携帯電話へ連絡するときは「090」「080」などから始まる番号を入力することになります。ただ、そうではなく「050」から始まる電話番号としてIP電話があります。そこで、事前にIP電話アプリを携帯電話へインストールしておきます。

「090や080から始まるプライベートの電話番号」にかけると、いつも通りあなたの携帯電話に着信があります。一方で「050から始まる電話番号」にかけると、IP電話のアプリが自動で立ち上がり、「IP電話アプリ経由で着信がある」と知らせてくれます。

そのため同じ携帯電話であるにも関わらず、2つの電話番号を管理できます。もちろん、どちらの電話番号への着信なのかは容易に判別でき、IP電話アプリ経由の着信だと「050からの電話番号」であることが分かります。参考までに、以下は私のIP電話アプリの様子です。

私の場合、IP電話をビジネス用の番号として利用しています。一つの携帯電話でプライベートとビジネスの電話番号を使い分けることができるため、これから法人設立してビジネスを開始するのであれば、IP電話の利用を考えても問題ありません。

参考までに、おすすめは「SMARTalk」というIP電話アプリです。初期費用や月額の基本料金が無料であり、さらには電話代も安く、他のIP電話よりもメリットが大きいからです。

なおIP電話の欠点としては、「0120から始まる電話番号への発信を拒否される」ことだといえます。ただ、このときはプライベートの電話番号からかければいいため、そこまで大きな問題にはなりません。

メガバンクや地方銀行、ネット銀行とすべてで開設可能

ここまでのことを理解したうえで、法人の銀行口座開設を実施しなければいけません。このとき、メガバンクや地方銀行を含め、リアル店舗を有する銀行ではどこも固定電話なしでの口座開設に対応しています。

また、これはネット銀行でも同様です。以下のネット銀行について、どれも固定電話なしでの口座開設が可能です。

  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • ジャパンネット銀行

私の場合であれば、地方銀行やネット銀行にていくつか法人口座を保有しています。ただ、前述の通り固定電話なしですが、どれも問題なく法人口座開設できています。例えば、以下はGMOあおぞらネット銀行の法人キャッシュカードです。

固定電話がなければ法人の銀行口座を作れないというのは、いまでは単なる都市伝説だと理解すれば問題ありません。

銀行口座開設の審査で重視されるのは他の部分

なお、もし銀行口座開設の審査に落ちたのであれば、別の理由だといえます。固定電話の有無が審査落ちの理由ではありません。

例えばメガバンクであれば、無条件で法人口座開設の審査が厳しくなります。既に実績の大きい会社なら別ですが、私の会社のような中小企業をメガバンクが取り合うことは基本的にありません。これが法人設立当初であればなおさらであり、地方銀行またはネット銀行へ申し込みをしなければいけません。

また審査のゆるいネット銀行であったとしても、「海外送金の目的で利用する」などにチェックを入れると急に審査が厳しくなり、落とされる確率が高まります。海外送金はマネーロンダリングで広く利用されるため、その時点で口座開設が厳しくなります。

最初はあくまでも、よけいなことを考えずに「法人口座開設を行い、日本国内で取引できるようにする」ことだけを考えるといいです。

固定電話なしで会社の銀行口座を開設する

法人にとって必須になるのが銀行口座です。法人口座がなければビジネスを継続することができません。そうしたとき、特に初心者だと心配になるのが固定電話の有無になります。

ただ実際のところ、私を含めて固定電話なしでビジネスを展開している経営者は非常にたくさんいます。社員数が多く、大きなオフィスを有する法人なら固定電話を契約しているかもしれませんが、中小零細の小規模会社だとむしろ固定電話は無駄です。

そうしたとき、ここまで解説した通りすべての銀行にて「携帯電話やIP電話の番号で問題なく口座開設できる」ようになっています。これは、私がこれまでに地方銀行やいくつかのネット銀行で実際に法人口座開設したことからもいえます。

会社の銀行口座を作成するとき、固定電話は不要です。私の場合はIP電話をビジネス用電話番号に設定して、同一の携帯電話でプライベート用とビジネス用を使い分けています。いずれにしても、固定電話なしで法人口座開設できることは理解しましょう。

振込手数料が安く、機能に優れる
個人事業主・法人おすすめのネット銀行

すべての個人事業主・法人で必須になるのがネット銀行での法人口座開設です。メガバンクや地方銀行からネット銀行に変えるだけで、月40件ほどの振り込みであっても年間24万円以上の無駄な経費を削減できます。

またネット銀行だと24時間365日ログインできるのは当然として「1口座で20のサブ口座を保有できる」「外貨預金が可能」「自動での定期払いを設定できる」など非常に高機能です。

もちろん融資については微妙なため、融資が必要な場合は地方銀行などとも付き合う必要があります。それでも、振込をネット銀行へ変えるだけで大幅なお金の節約につながります。

ただ、ネット銀行とはいっても多くの数があります。また、ネット銀行によって特徴がそれぞれ異なります。そこで、ネット銀行の中でも優れた銀行についてランキング形式にて以下で記しているため、この中からあなたのビジネス活動に最適なネット銀行を選択するようにしましょう。

おすすめのネット銀行