資金調達法の一つとしてファクタリングがあります。素早く事業資金を調達することでキャッシュフローを改善させ、ビジネスを継続させることができるようになります。

ただ、ファクタリング会社は日本全国にいくつも存在します。そのため、どこに優良会社があるのか見当がつきません。金融庁の監督を受けず、貸金業法の適用もないファクタリング会社の中には、実際のところ闇金業者が紛れていることもあります。

当然ながら、資金繰りを改善するとはいっても優れた提案をしてくれる会社に依頼したいと考えるのが普通です。人気で評価の高い全国対応のファクタリング会社を利用し、売掛金の買取をしてもらうのです。

そうしたとき、事前に人気のファクタリング会社やその特徴を理解しておくことは重要です。そこで、どのように考えてファクタリングを利用し、さらには評判・口コミの優れたおすすめ業者には何があるのかを解説していきます。

複数社へのあいみつは必須

まず売掛金の売買をするとき、一社だけの依頼を考えてはいないでしょうか。もちろん、一社だけに依頼しても問題ないですが非常に危険です。他社がどのような様子なのか分からずにファクタリングを進めると、高確率で失敗してしまいます。

私が実際に何社もファクタリングの依頼をして思ったこととして、以下のようなポイントがあげられます。

  • 会社によって審査基準がバラバラ
  • 提示される手数料がまったく違う
  • 個人事業主の場合、利用できないことがある

資金繰りをできるだけ早く改善させるため、ファクタリングを検討する個人事業主・法人経営者が大半です。しかし、もし一社しか利用検討していない状況で審査落ちに遭遇すればどうでしょうか。

実際、私は以下のようにファクタリングで審査落ちを食らったことがあります。

当時、私の会社は税金滞納もなく、提示した請求書(審査に出した売掛金)は大企業に向けたものでした。そのため審査落ちの理由は不明でしたが、実際にこうしたケースは発生します。「ファクタリングは審査がゆるい」という情報だけを鵜呑みにしていると、審査落ちによって資金調達すべき期限に間に合わないことがあるのです。

原因は「審査基準が非常に高い(厳しい)会社に申し込んでしまった」という理由だけだったわけですが、いずれにしてもこのような事態を避けるために、何社もの会社へ同時に依頼しなければいけません。

また、私がいくつもの会社へあいみつ(相見積もり)を取った結果、手数料相場もバラバラでした。ファクタリングの場合、手数料率が1%違うだけでも何万円・何十万円も手数料金額が変わってきます。そのため、いろんな会社に問い合わせをする必要があります。

ファクタリングは一般的に手数料が高くなりやすく、高額な出費になります。そのためあいみつを取るのは経営をするうえで必須といえます。

会社ごとの特徴は異なる

そうした目線で見ると、他にもファクタリング会社ごとに細かい違いがあることに気が付きます。例えば、以下のように特徴の違いがあるのです。

  • 審査書類の数はどれくらいか
  • 資金調達までの期間はいくらか
  • 少額の売掛金でも可能か
  • 事務所の場所はどこか
  • 土日対応可能か

これらのポイントついて、事前にどうなっているのかを理解したうえで申し込むファクタリング会社を決定する必要があります。

基本的には、会社ごとの違いを理解したうえで、評価の高い全国対応のファクタリング会社に3社以上は申し込まなければいけません。そうして、あいみつを取りながらも最も優れた条件を提示してくれる会社に依頼するのが売掛金の売買で失敗しないコツとなります。

評価の高いおすすめ優良会社は何があるのか

それでは、実際に人気で評価の高い優良会社としてはどのような業者があるのでしょうか。私が実際にいろんな業者に問い合わせをした結果、おすすめの優良企業としては以下の5社があります。

  • アクセルファクター
  • ウィット
  • 三共サービス
  • ビートレーディング
  • えんナビ

小口案件に特化している会社にアクセルファクターがあります。また、少額ファクタリングがメインなので審査スピードが早いという特徴があります。問題なく即日での資金調達が可能な会社となります。

なお非対面でのファクタリングを考える場合、ウィットが優れています。ほとんどのファクタリング会社が対面契約を必須としている中、ウィットについては最初から来店なしでファクタリング契約を結ぶことができます。

また、あらゆるファクタリング会社の中でも、最も低い手数料を提示してくれる会社が三共サービスです。利用には条件があるものの、必ず利用するべき会社になります。

一方のビートレーディングについては、ファクタリング会社の中でも大手に属します。そのため、買取金額は最大3億円と非常に高額です。また、東京に限らずいくつもの都市に事務所を構えるという特徴があります。

最後のえんナビについては、最大のメリットは土日や祝日、長期休暇中(ゴールデンウィークや年末年始など)でも対応していることです。24時間365日、休まず事務所に人が常駐していて電話対応してくれます。

全国対応で人気の企業一覧ランキング

優良ファクタリング企業の中でも、それぞれがどのような特徴になっているのかザックリと記しました。

ただ、当然ながら実際に申し込むときはより詳しく会社ごとの特徴を理解する必要があります。そこで、全国対応で評判・口コミの優れたおすすめの企業一覧ランキングを以下に記していきます。

 アクセルファクター

少額ファクタリングに特化した売掛金買取

ファクタリング会社では珍しく、少額案件に特化している評判・口コミに優れた会社がアクセルファクターです。

小口案件が得意であり、30万円などの少額売掛金であっても問題なく対応してくれます。当然、売掛債権の金額が少なくても後回しにされることはなく、むしろアクセルファクターの得意分野になるのですぐ審査してくれるのです。

アクセルファクターの場合、一回につき30~3,000万円までの売掛金に対応しています。もちろん一つの売掛金額が少なくても、いくつもの売掛債権を組み合わせて30万円以上にするのは問題ありません。

また、小口案件ばかり取り扱っているので審査スピードは非常に早いです。書類さえ集めれば、審査に出したあと1~2時間ほどで結果が返ってくるほど早いです。そのため、資金ショートが間近に迫っている場合でも対応してくれます。さらには、個人事業主でも利用可能です。

手数料相場についても、契約前に総額での費用金額を教えてくれるので非常にクリーンな会社です。そのため、アクセルファクターは必ず登録するといいです。

事務所の場所 東京
営業日・時間 平日9:30~19:00
対応金額 30~3,000万円
種類 2社間、3社間、医療・介護報酬など
個人事業主

 ウィット

非対面で事務所にいながら契約可能

法人や個人事業主がファクタリングをするとき、対面契約が大原則です。そうした中、非対面・来店なしにてファクタリング契約できる珍しい会社にウィットがあります。

ファクタリングで即日の資金調達が可能とはいっても、「ファクタリング会社へ出向く」「ファクタリング会社の営業マンに来てもらう」のどちらかが必要のため、現実的には厳しいです。ただウィットの場合、非対面なので即日でのスピード資金調達が可能になっています。

また小口買取に強みがあるため、スピード対応に慣れています。このときは30~500万円で売掛金の少額買取を実施しています。大企業などが大口ファクタリングをするのは向いていませんが、中小企業や個人事業主にとって非常に使いやすくなっています。

しかも、非対面だからといって審査基準が厳しいわけではなく、手数料についても11~17%ほどとお手頃です。

なお実際に非対面で即日調達をするためには、契約書類などについて携帯での撮影メールやFAX送付などでウイットに確認してもらい、郵送(発送)の確認ができればすぐにお金が振り込まれることになります。全国対応にて非対面ですぐの資金調達が可能なので、あらゆる人にとって優れています。

事務所の場所 東京、仙台、福岡
営業日・時間 平日9:00~18:00
対応金額 30~500万円
種類 2社間、3社間、医療・介護報酬など
個人事業主

三共サービス

最も低い手数料を実現するファクタリング

いろんなファクタリング会社の中でも、最も低い手数料率に抑えられる会社が三共サービスです。安い手数料金額でファクタリングを利用できるため、特別な理由がない限りは申し込まなければいけません。

世の中で最も実施されているファクタリングが2社間であり、この方法だと取引先・得意先への通知がありません。

ただ一般的に2社間ファクタリングだと、15~20%の手数料率になります。業者によっては、契約直前になって「事務手数料が必要」などのようにいわれ、手数料の総額が売掛債権額の30%ほどになることもあります。しかし、三共サービスでは2社間ファクタリングでも手数料率が10~15%に抑えられています。

ただ注意点として、ここに登記費用などが加わるので実際にはもう少し手数料金額が高く(厳しく)なります。ただ、それでも最安値を実現できます。

しかし、三共サービスは個人事業主が利用できず、法人のみ申し込むことができます。また即日での資金調達は無理であり、最短でも2~3日の時間がかかります。ただ、審査基準はそこまで高くないので法人が申し込むのであれば特に問題はありません。

事務所の場所 東京
営業日・時間 平日9:00~19:00
対応金額 50~3,000万円
種類 2社間、3社間、医療・介護報酬など
個人事業主 ×

 えんナビ

土日対応可能な24時間365日営業の会社

ファクタリング会社とはいっても民間企業と同じです。そのため、土日や祝日は営業していません。また、ゴールデンウィークや年末年始なども休業しています。

しかし、経営者だと土日も関係なく働いているケースが多いです。そうした人にとって、資金調達を考えるときに土日が明けるのを待っていては時間がもったいないです。このとき、24時間365日休みなく対応してくれる会社にえんナビがあります。

当然、このときの対応は機械によるものではなく人です。土日や年末年始でも事務所にスタッフが在籍していて対応可能なのです。そのため、週末や長期休暇中に申し込みを考えている経営者は特にえんナビの利用が効果的です。

またファクタリング会社の中でも審査スピードが早く、さらには審査基準も低い(ゆるい)ことで知られています。少額の売掛金でも問題なく、当然ながら個人事業主でも利用できるようになっています。

審査基準の低さではメリットが大きく、さらには土日対応も可能であるため、えんナビを利用することで確実にファクタリングできるようになります。

事務所の場所 東京
営業日・時間 24時間365日いつでも
対応金額 30~5,000万円
種類 2社間、3社間、医療・介護報酬など
個人事業主

 ビートレーディング

東京・大阪・福岡に事務所を構える大手会社

ファクタリング会社の大手に属するのがビートレーディングです。そのため、高額の売掛債権の売買を検討している法人でも問題なく対応できます。前述の通り、最大3億円の売掛金まで対応可能です。

また、最大の特徴は事務所の数です。通常、ファクタリング会社は東京に事務所があります。一方のビートレーディングでは東京だけでなく、大阪や福岡にも事務所があります。

ファクタリングでは対面契約が基本です。郵送で可能なこともありますが、郵送契約でも問題ないケースは少ないです。そのため、「あなたがファクタリング会社の事務所へ出向く」「担当者にあなたの事務所まで来てもらう」などの日程調整が必要になります。

そうしたとき関東に限らず、関西や九州に住んでいる個人事業主・法人経営者であれば、ビートレーディングを利用することは大きなメリットになります。

もちろん、あいみつがファクタリング利用の基本なので他の会社にも申し込むのは大原則です。ただ出向く事務所が近くにあるので、関西、九州に住んでいる経営者がビートレーディングを利用する意味は大きいです。

事務所の場所 東京、大阪、福岡
営業日・時間 平日9:30~19:00
対応金額 100万円~3億円
種類 2社間、3社間、医療・介護報酬など
個人事業主